Skip to content
2008年3月26日 / misotukuri

袴田事件は冤罪でないとする視点

 昨日、袴田事件の特別抗告が棄却された。
この事件では、袴田巌死刑囚の支援者や弁護側の主張と警察・検察側の見解とが真っ向から対立し、最高裁判所は後者の見解を支持した。
同じくプロ・ボクサーが殺人事件の犯人とされたアメリカのルービン・”ハリケーン”・カーター事件というのがある。
 映画も見たが、現実の事件では映画ほど単純明快でなく、冤罪であったという評決は出たものの色々問題があった事件だ。
 袴田事件は、アメリカの司法制度でなら、多分、無罪評決が下りると思う。
 しかし、日本の司法制度では、裁判員制度が始まる直前のここへ来てもなお冤罪ではないという決定がなされたわけだ。
 これはいったいどういうことだろうか?
私には、あくまでこれを冤罪でないと判断する司法側の視点が興味深い。
 何か袴田死刑囚がやったという決定的な確信を持っているに違いない。
特別抗告棄却決定では、袴田死刑囚の身体とサイズの合わないズボンと血痕の矛盾、凶器の認定の変遷、ボクサーらしからぬ犯行と傷がほとんど無いこと、容易に開けられない木戸をどうやってくぐり抜けたのかとか等様々な弁護側の主張をことごとく否定しているようだが、いったい何を決定的な証拠と考えたのだろうか?
サイズの合わないズボンというのは、復帰を目指していたボクサーということで、説明がつくという人もいる。
ボクサーなら10Kgの減量などザラにある話で、いつの時点のサイズかが問題なのだろう。
このように同じ証拠でも、どうにでも説明できることと、他には説明できないこととがあるはずだ。
私が思うに、やはりそれは、味噌樽の中から出てきたズボンと袴田死刑囚が家族宛に送った荷物の中から発見されたズボンの切 れ端の切り口一致したことではないかと思う。
さすがに、これは全体をねつ造しない限り無理なことだから、この件についてねつ造はないと認定するなら、決定的な証拠と言えるだろう。
ところで、警察の捜索なんかには、第三者の立会人などいるのだろうか?
もし、いないなら、ねつ造など簡単にできてしまうように思うのだが。
そして、そういうことなら、裁判官はそれがねつ造でないということを論理的に示さなければいけない。
だから、そこらの点を言うのに、味噌樽に味噌を仕込む前に衣服を入れておかなければいけないが、それは逮捕される20日以上前でなければならない、ということを挙げているのだと思う。
このことについては、弁護側は、ズボンが味噌樽の中から見つかったということ自体もねつ造だと主張している。
一週間も味噌の中に浸けておけば1年経ったのと見分けがつかなくなるというのだ。
 しかし、こういうのは、単に他の方法でも十分可能だという可能性を示したに過ぎず、ねつ造だという直接的な証拠を示したわけではない。
ここらが弱いところかな?
あくまで、それがねつ造だと言うのなら、一つの可能性ではなく、実際にやったことを証明しなければダメだろう。
犯人が本当にどうやったのかは、細部までは犯人しか知りようがないが、一つでも犯人を指し示すものがあれば足りるというのが司法の考えではないのか?
だから、100ある証拠の内、99までが自白の強制とでっち上げで作られたものでも、1つでも本物があればいいのだ。
袴田事件は冤罪でないとする視点をどうやって崩すのか?実は、それが問題だったのだ。
<追伸2014.3.29>
 27日、ついに再審決定。袴田確定死刑囚・被告は事件後48年の拘束を解かれ、即日釈放された。
 この記事も、急にアクセスが増えたので、新たに記事を立てるより、追伸で済ますことにする。
 決定的証拠とされた衣服についた血痕は、2011年のDNA鑑定により、被害者や本人のものではなかったことが判明した。
 前回の再審時のDNA鑑定では、鑑定不能だったが、技術の進歩により鑑定が出来るようになったのだとか。
 その鑑定を一応信用するとすれば、決定的証拠をどうやってねつ造したか(ハウダニット)が、問題となる。
 味噌樽の底からの発見が事実なら、このトリックをどう暴くか?
 また、別の味噌樽底に漬けていたものだったら、発見そのものがやらせだったと言うことになる。
 衣服のズボンの共布の切り口が一致した問題も、そもそもねつ造に使用したズボンの物だとすれば切り口が一致して当然だ。
 実家での共布の発見の経緯についても、実姉(?)は証言を否定しているようなので、これもねつ造の疑いが濃い。
 ただし、この共布の方は、ねつ造が比較的簡単とは思う。
 母親や実姉が送られてきた袴田被告の荷物を開けて中身を確かめていなかったら、共布が元からそこにあったかどうかわからないから。
 しかし、これはどっちにせよ被告の肉親の証言なので、証拠能力は低い。
 また、ズボンと共布が同じものから切り離したものとすれば、両者の購入の時期は同じと考えなければならないが、共布を製造メーカーから入手したのが共布発見(9月12日)の8日前(9月4日)だとすると、ズボンの発見(8月31日)と時期が合わなくなる。
 恐らく、これは警察が共布を調査に行ったのは、共布を製造メーカーから入手したのではないということを示すためのものだろう。
 それとも、切り口が一致したという鑑定もデタラメだったのか?
 ようするに決定的と思えた共布の問題は、案外決定的な物になり得ないということだな。
 やっぱり、味噌樽のトリックが問題だ。
 味噌屋の味噌樽だから、私なんかが作っている味噌を入れる瓶とは大きさが全然違うだろうから、味噌樽そのものをすり替えるというわけにも行かないだろう。
 可能なのは味噌樽の漬け込んだ時期がわかるラベルだけをすり替えるということだが、これは簡単だが、従業員の口を封じる必要があるので危険だ。
 ねつ造の可能性を知るには、どういう状態で、誰によって衣類5点が発見されたかが問題だ。
 でもまあ、逆に、警察がねつ造したのだとしたら、どうやってやったのか、そのトリックを考えてみる方が面白いかも。
事件があったのは、昭和41年6月30日午前1時半頃。
7月1日には、既に袴田巌は犯人としてマークされていた。
7月4日に微量の血液と油のついたパジャマが見つかり、任意同行、いったん釈放後、裏付け捜査を開始、8月18日逮捕となった。
翌年、8月31日、味噌樽の底から血染めのズボン他衣類5点が発見された。
同9月12日、袴田の実家のタンスの中から、ズボンの共布が発見され、その切り口が味噌漬けとなったズボンと一致した。
これが、決定的な証拠となった。
だから、問題は、これがねつ造なら、どうやってねつ造したかというのが、トリックだ。
誰がどのようにして衣類を発見したか詳しい状況も不明だし、偽証の強要とか、証言のねつ造があるとしても、それを証明するのは難しい。
仮にねつ造だとして、元味噌屋さんのTさんに笑われるかも知れないが、ズボンのトリックについて私が考えるのはこうだ。
まず、血染めの衣類5点を用意し、家庭用味噌桶の底に漬け込む。
 血染めの衣服の血液型は、完全に全部の血液型を網羅すれば、語るに落ちたことになるので、わざとO型は除いておく。
昭和42年の8月31日、未捜査の樽から会社が出来上がった味噌を取り出す際に合わせて調査したいという口実を設け、工場へ行き、味噌樽の底が見えてきたとき、味噌工場の現場責任者の目を盗んで、味噌漬けとなった血染めの衣類を投げ込む。
 「おや、あれは何だ?」と言いながら、「証拠保全のため現場封鎖する」と宣言し、衣類を引き上げる。
そして、「味噌を仕込んだのはいつだ?」などと偽証など何にもしていない調書を取り始める。
ズボンの共布は、ズボン購入時に当然ついているので、それを持って9月12日に袴田被告の実家に行き、捜索中にそっと袴田巌の衣服の入ったタンス中に入れ、「この共布は何ですか?」と素知らぬ顔で家人に聞く。
母や姉は「たぶん巌が離婚したとき送ってきたものの中に入ってたんでしょう」と言うはずだ。
 これまた、調書的には必ずしもでっち上げとも言えない。
 共布についてそれがどういうものか詳しく知るため調査に製造メーカーに出かけるという陽動行動も忘れずしておく。
とまあ、こういう具合だ。
意外と簡単にねつ造できそうな気がしてきた。
*1 段落を何度直しても何故か正しく表示されない。もうあきらめた。見苦しいがゴメン。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。