Skip to content
2011年11月6日 / misotukuri

山中11RTKOで王座へ、粟生2-1判定で防衛成功

徳島には日本テレビは入らないので、ネットで結果のみ知った。

1 山中慎介VSクリスチャン・エスキベルのWBCバンタム級世界王座決定戦は、山中の11RTKO勝ち。

2 粟生隆寛VSデビス・ボスキエロのWBCスーパー・フェザー級世界タイトルマッチは、115-113×2粟生、116-113ボスキエロの2-1のスプリット・デシジョンで粟生が2度目の防衛に成功した。

いずれ、ネットで誰かが動画をアップしてくれることを期待して、正規の感想を述べたいが、1の山中VSエスキベル戦は、6Rと7Rにダウンの応酬があったが、総じて山中の圧勝みたいだった。

ま、当然だな。

私の予想は、中盤までの山中のKOとしていたが、あわや、ドンぴしゃ当たるところだったね。

6Rにダウンを奪ったので、7Rに仕留めようと出たところ、逆に良いのをもらってダウン。

以後、安全運転に努め、エスキベルの戦意喪失を待ったみたいだ。

あくまで、世界チャンピオンになることが目的だからね。

無理もない。

次は、WBAの亀田興毅とタイトル統一戦をやってもらいたい。

2の粟生VSボスキエロの2-1のスプリット・デシジョンには失望した。

プロのトレーナーがついていて、いったい何で?だね。

ボスキエロのビデオを分析したら、攻略法など直ぐ分かりそうなものなのに。

攻防分離型のボスキエロに対し、粟生がもっと積極的に攻めないから苦戦したのだと思う。

同じカウンターを狙うにしても、待ちのカウンターでは駄目だ。

バンバンバンと派手に攻めておいて、相手が反撃に出たところをパッと引いて、カウンターを噛ます。

これしかないだろう?

ボスキエロのいきなりの右だって、第一、左リードブローを全然打たないんだから、どうしてそんなのを喰らうのか?

いきなりの右ストレートか左フックかは、距離が問題なんだよ。

わからんのかなあ?

でもまあ、意外とやりにくい相手だったのかも。

それとも、粟生は、途中でどこか故障したか、戦前絶好調とか言ってたが実は体調不良だったのかもしれない。

ボスキエロなんて、とても苦戦する相手とは思えなかったが。

ま、とにかく、すべては、動画を見てからだな。

私の予想は、粟生のこれまた、中盤までのKO勝ちだったが、これはハズしたも同然と言えるね。

最後に、WBC世界フライ級挑戦者決定戦、五十嵐俊幸VSウィルベルト・ウィカブの一戦は、五十嵐の判定勝ち。

これも、バッティングで流血の一戦だったようだが、3日前に来日した相手に圧勝出来ないようでは、ポンサクレックには無理だろう。

ま、これも、動画を見てからの話ではあるが。

<追伸2011.11.7>

山中とエスキベルの試合の動画をYoutubeで見た。

思った以上の完勝劇だった。

ただ、たとえば、エスキベルと似たタイプのアブナー・マレスや王座を返上したノニト・ドネアなどと比べると、果たしてこういうボクシングで勝てるだろうか?という疑問は残った。

まず、マレス戦を考えると、マレスはエスキベル以上の突貫ファイターであり、バッティングの流血や執拗なローブローなどのラフ・ファイトも辞さない精神的・肉体的強さがある。

アグベコにしてもダルチニアンにしても、マレスのパワーにしてやられた感じで、彼らにとって見れば判定は不満の残るものだったろう。

特に、アグベコの場合は、レフェリーぐるみでタイトルを盗まれたようなものだから、頭に来るのも無理はない。

今年の12月3日にリマッチが組まれているようだが、アグベコがもっと上手に戦わなければ、また同じような展開になり、今度は成長著しいマレスに文句なしに負けてしまう可能性大ではないかと思う。

こういうマレスと山中とが戦えば、マレスの踏み込みはエスキベル以上に速く、連打も激しいので、徹底的に近づけないようにするか、接近されてからの戦い方を練り直す必要がある。

特に7Rにエスキベルを倒しにかかって逆に右カウンターを貰って前のめりにダウンしたのはいただけない。

山中の打たれ弱さを暴露した一瞬だった。

効いてなかったと言うが、何を馬鹿な、効いたからダウンしたと考えるべき。

詰めに行ったときには、たとえいいパンチを貰っても、瞬間的に誤魔化して、ガァーっと相手を押し倒すくらいの爆発力を見せなければいけない。

まだ心のどこかに相手のパンチは全てかわしてやろうという軟弱な魂胆が残っているから、既に打たれてしまっているのに、よけようとして、斜め前に突っ込むように手をついた。

あれが打たれたってかまうもんか、やってしまえ、という感じで詰めに行ったら、エスキベルの方にのしかかっていっただろうし、ダウンにはなっていなかったはずだ。

山中の王座獲得に水を差して悪いが、このあたりのクラスにはホントに強いのがいるからね。

まあ、ホント王座決定戦の相手がエスキベルで良かったよ。

次に、ノニト・ドネア戦だが、ドネアくらいになると山中の体格的有利さはなくなり、逆に、西岡を細くしたような線の細さを感じてしまう。

あらゆる面で、山中はドネアには勝てないだろう。

ドネアも、西岡とやる前に仮想西岡で山中とやってみたらと思うがね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。