Skip to content
2011年12月20日 / misotukuri

ニセ金正日が処分された日

とうとうニセ金正日が処分されたと見るべきなのかな?

実際には、あの看板アナが登場しなくなった頃にはもう死んでいたんだろうが、その間、何の軍事的動きもなかったから、まだ金正恩体制が十分でなかったのだろう。

ようやく、後継体制のメドが立って、今回めでたく金正日死去の発表という運びになった。

従って、政府の言う”不測の事態”などということは起きないと見ていいだろう。

日本海にミサイルを撃ち込んだって、打ち上げ花火みたいなもんだ。

「金正日の正体」(重村智計著)によれば、あの金正日はニセ者らしいから、今回、死んだのが実は長年病床にあった本物で、小泉さんと会談したニセ者は、お役ご免で本物が死んだのと同時期にこっそり処分されたかもしれないね。

そういえば、あの看板アナも健在なところを今回の訃報発表で見せてくれたが、何となく泣きマネがイマイチだった。

まさか、口パクパクというか、以前の映像に声の物まねそっくりさんがアフレコでかぶせているんじゃあるまいね。

それなら、真実を知っている看板アナも処分されたかも。

ああいう国は無くなった方がいい。

韓国もうかうかしていると、そのうち、北朝鮮自治州とかいって、中国やロシアに取り込まれるよ。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。