Skip to content
2011年12月28日 / misotukuri

今年見た映画(10月~12月期)ベスト3

今年ももうあと3日を残すばかりとなった。

映画は毎年120本以上見ることにしているが、今年も昨日現在で124本見たので、ノルマは既に果たしたと言える。

見た映画は、CINEMANOTEというHTMLファイルを作って、Yahoo!ボックスにアップしてある。

共有に設定しているので、誰からも見られるはずだが、関心ある人は一度のぞいて見てね。

公開URLは、次のとおり。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-suy7ptas6mwqfr47rubkuckozi-1001&uniqid=eda99d01-8797-45a3-b078-f693f5cb0ed9&viewtype=detail

これをアドレス・バーにコピペしてenterしたら、見えるはずだが、さてどうだろうか?

CINEMANOTE2011をダウンロードして、ダウンロードしたファイルをクリックしなければいけないかも。

ひょっとしたら、ブラウザによっては文字化けして読めないかも知れない。

その時は、ツールか、表示をクリックして、エンコードを探してみてくれ。

私のHTML文書の日本語は、EUC-JPを使っているので、日本語(EUC-JP)をクリックしてくれたら、文字が読めると思う。

まだ、私のPCから以外に見ていないので、それで可能かどうかわからないのだが・・・

今度かみさんのPCで見てみようと思っているが、なかなか使わせてくれないので、いつになることやら。

それはともかく、10月からは34本見たが、その中のベスト3を選んでみたい。

まず、10本ノミネートして、その中から選ぶことにしよう。

順不同だが、ノミネート10本は次のとおり。

1 「マイ・ボディガード」(04米、トニー・スコット監督)

2 「抵抗-死刑囚の手記より」(56仏、ロベール・ブレッソン監督)

3 「チョコレート・ファイター」(08年タイ、プラチャヤー・ピンダーオ監督)

4 「ネバーランド」(04年米英、マーク・フォースター監督)

5 「イップマン~序章」(08年香港、ウィルソン・イップ監督)

6 「キングピン/ストライクへの道」(97年米、ボビー&ピーター・ファレル監督)

7 「狼は天使の匂い」(72年仏米、ルネ・クレマン監督)

8 「エグザイル/絆」(06年香港、ジョニー・トー監督)

9 「HELL ヘル」(03年米、リンゴ・ラム監督)

10 「ソウ」(04年米、ジェームズ・ワン監督)

さて、ベスト3だが、

まず、2 「抵抗-死刑囚の手記より」 だな。

第二次世界大戦中の実話というが、ローテクの刑務所でも脱獄するのは実際問題としては難しい。

見ている方の胃がキリキリ痛むほどのサスペンスだ。

次は、5 「イップマン~序章」 か。

反日映画だけど、武勇伝ものと考えれば良くできている。

しかし、「何でもかんでも日本軍のせいにするな、嘘こけ」と言いたいね。

最後は、迷うが、6 「キングピン/ストライクへの道」 だろうか。

アメリカにおけるボーリングというスポーツの社会的意義を確認しながら見ていたが、的確な描写に感心した。

一通りそろったところで、年間ベスト10は、年を明けてから考えたい。

こういうのも、ファンの楽しみだな。

一人で楽しんでいるんだが・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。