Skip to content
2012年1月1日 / misotukuri

謹賀新年2012

今年もよろしくお願いします。

去年は東北大震災で多くの人々がお亡くなりになり、真に痛ましい年てした。

私は妻と二人で、やがて来る南海大地震のことを思いながら、歩ける内にと高城山(1627.9m)など徳島の山野海浜を足るほど散策しました。

年末には、四国最東端の蒲生田岬で自転車で日本一周をしている青年と出会い、大いに刺激を受けました。

片雲の風に誘われ、私も・・・・

さて、恒例の去年読んだ本のベスト3です。

1 「エージェント6」 (トム・ロブ・スミス)

2 「ミレニアム1-ドラゴン・タトゥーの女」 (スティーグ・ラーソン)

3 「三万年の死の教え」 (中沢新一)

1 「エージェント6」は、旧ソ連KGB捜査官レオ・デミドフ・シリーズの最新作。

その前に、先行する「チャイルド44」と「グラーグ57」を読まなくてはならないが、いずれも大傑作で、読者を失望させることはない。

この「エージェント6」では、侵攻中のアフガニスタンが舞台の一つ。

ソ連の失敗の教訓を今、遅まきながら米国も学んでいるところで、興味深い。

2 「ミレニアム1-ドラゴン・タトゥーの女」もまた、1,2,3とあるシリーズもので、やはり、前編通して読まなければ、本当の面白さは分からないだろう。

こちらはスウェーデンが舞台の犯罪小説だが、背後にあるものを感じ取れるかどうかは、ひとえにあなた次第だ。

それにしても、ミステリも変わりつつあることを実感した。

3 「三万年の死の教え」 は、第一部「死者の書」のある風景が、昔、NHKでも放送された台本で、第二部が作者のチベット仏教に関する考察で、第三部が学術的な紹介。

わずか200頁に満たない文庫版ながら大変中身が濃いので、お迎えが近い人には必読の書だ。

これを覚えておけば、間違いなく、無事成仏できる。

続いて、去年見た125本の映画のベスト3です。(ただし、原則として2001年以降の本邦公開映画とする)

1 「インビクタス」(09年、米、クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン、マット・デイモン)

2 「ビフォア・サンセット」(04年、米、リチャード・リンクレイター監督、イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー)

3 「インセプション」(10年、米、クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙)

1 「インビクタス」は、南アフリカのネルソン・マンデラ大統領が、アパルトヘイトの象徴だったラグビーのワールド・カップが南アフリカで開催されることになったのを契機に、逆に、国民融和の象徴として活用しようと考え、ナショナル・チームの白人主将の協力を得て、ついには奇跡の初出場初優勝を飾るに至るまでの感動のドラマ。

私もクリント・イーストウッド監督の映画はかなり見てきたが、これが文句なしに最高傑作だと思う。

2 「ビフォア・サンセット」は、それに先立つ傑作「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」の後日談であるから、まずはそちらを見なければ何の事やらわからないのだが、そういう欠点を考慮してもなお、傑作だと言える。

観客大衆の「あの二人はそれからどうなったの?」「1年後の約束の日時に、あの駅のプラットフォームで、再会できたのかしら?」という後日談を知りたい渇望にも似た要望に応えたこの作品は、「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」に魅せられたあなたの期待を決して裏切らないだろう。

さらにその次、後日談の後日談があるかどうかは知らないが、そして、それがあるとしたら、もうそろそろ作られてもいい年月が経っているのだが、私にはこのままそっと二人だけの物語にしてあげてもいいのではないかと思える。

フィクションの世界でリアルな生命を得た希有な例と言えよう。

3 「インセプション」は、ちょうど、去年読んだ本のベスト3で取り上げた「三万年の死の教え」にも通じる所があり、俄然、興味が湧いた。

「インセプション」の世界は、夢のまた夢というか、ようするに唯識論に気づきかけた唯心論だろうと思う。

他人の夢に潜入して、ある考えを植え付ける(インセプション)ことを請け負った男が陥る、無限の罠。

それは、「これは誰かの夢であって、現実ではないのではないか?」という疑念だった。

ここでいう夢は簡易なヴァーチャル・リアリティと考えてもよい。

夢の中にいるのか現実なのかを判定する小道具が唯物論を脱却できていなくて如何にもおかしい。

だが、現実もまた夢の一部と考える立場では、そういう小道具など何の意味も持たないのだが。

これは、見た後で、いろいろと考えさせられる映画だ。

以上、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2012年元旦   Jinchan of   Jinchans

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。