Skip to content
2012年2月12日 / misotukuri

アルゼンチンの民度が分かるこの映像

ボクシング及びボクシング・ファンとは、所詮、この程度のものだという映像がYoutubeにアップされた。

いつまでもあるとは思えない映像なので、早めに見るべし。

ただし、問題のシーンは最後なので、ボクシングに関心のない方は、それまでは退屈かもしれない。

http://www.youtube.com/watch?v=w1vXsVjgMpY&feature=related&oref=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D7wB6GwA3iNU&has_verified=1

いやはや、ヒドイ試合だった。

暴動だけのシーンもあったので、それも貼り付けておこう。

リングで逃げ回っている上半身裸の男が新・暫定世界チャンピオンのカシメロ。

危ないね。

http://www.youtube.com/watch?v=7wB6GwA3iNU&feature=related

2/10 アルゼンチン・ブエノスアイレス。IBF世界Lフライ級暫定王座決定戦。

ルイス・ラサルテ(アルゼンチン、同級1位)VSジョンリール・カシメロ(比、同級3位)の一戦。

試合結果:カシメロが10RTKO勝ちで新・暫定チャンピオンとなった。

こんなことで、暴動に発展してしまうのは、アルゼンチンに限ったことなのか?

いやいや、世界中、どこでもあったし、今もあることだ。

ようするに、民度がわかるのは、アルゼンチンだけではない。

かく言う私も含めて、ボクシング・ファンなんて所詮はこんなもの。

低級な人間ばかりだ。

だから、偉そうなことは言えない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。