Skip to content
2012年2月21日 / misotukuri

「光市母子殺害事件」最高裁上告棄却はみせしめか?

昨日、「光市母子殺害事件」の最高裁判決があった。

上告棄却。

これにより、元少年に対する死刑が確定した。

無意味に過ぎた13年間。

「犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか?」

と、手紙に書いた元少年。

この手紙を読んだ後、弁護人が、何を言ったとしても、それを信じろというのは無理な話だ。

もう十分長生きできたのだから、後は速やかな執行が待たれるばかりだろう。

しかし、執行までには、まだまだ13年くらいかかるのだろうね。

私は、前にも書いたことだが、殺意があったかということについて、母親を殺してしまったのはともかく、続いて、赤ん坊を殺したのは、どうにも説明がつかないと思う。

赤ん坊を、そのまま残しておけば、もしかしたら、死刑になることもなかったのに、おまけに、あんな愚かな手紙を書くとは!

まるで、因幡の白ウサギみたいだ。

自分が世の中を出し抜いてやったことを自慢したくてたまらず、黙っていられなかったのだろう。

こういう愚かさは、免罪符にならない。

救いがたいね。

だいたい、遺族でもないくせに死刑執行を叫ぶより、死刑制度廃止論を静かに述べる方が良い人間に見えるから困るね。

知人に兄を兄の奥さんに殺された人がいるが、その話を当人から聞かされて、思わず、引いてしまったことがある。

この人とあまり仲良くなるのは考え物だという打算が頭をよぎったのは事実だ。

奥さんに殺されるなんて、殺された方もろくな人間でない、そんな人を兄に持つこの人も・・・というわけだ。

この人は、あくまで遺族であり、被害者の弟であって、直ぐには殺人事件と関係があったのかどうか不明だし、この人もきっと悪い人間だとは断定出来ようもないことだ。

しかし、私の親族には、そういう犯罪者も犯罪被害者もいないし、私もそういう安全なところに自分の身を置いているから、ちょっと、そういうヤバイ人たちとおつきあいするのはゴメン被りたい。

まあ、ホンネがでたのだな。

私も含め、世の中の死刑制度廃止論議なんてのも、たいていこんなものだ。

人などまかり間違っても絶対殺したりできないような人間が、心配することでない。

簡単に殺したり殺されたりする人間たちのことなど、分かるわけないだろ。

そもそも、「人を殺したら、自分も死ななければならない」という観念が世の中に行き渡っていないと、ブレーキにもならないし、また、それでもやるのだという大義名分も持ちようがないではないか。

何人殺したら死刑で、子ども一人は0.5人と数えるとか、あほらしいことばっかりが議論される。

この裁判では、そんなテクニカルなことが問題ではなく、また、少年の13年も前の精神状態などわかりもしないことが問題なのでもない。

ゆがみきった裁判を正道に戻すために「みせしめ」をすることが大事なのだ。

今回の最高裁の上告棄却は、厳正に法を適用することによって、司法の意思を示すという、それだけが目的の判決だと思う。

それにしても、反対意見の裁判官は、何を考えているのか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。