Skip to content
2012年3月20日 / misotukuri

石田順裕はよく戦った

先日行われたポール・ウィリアムスvs石田順裕の試合を昨夜WOWOWでようやく見ることができた。

まあ、よくやったとしかいいようがないね。

ウィリアムスのレベルの高さに改めて感じ入ったが、石田だって完敗とはいえ、世界ランカーとしての力を見せたと思う。

採点こそ120-108×3だったが、内容はそれほど一方的でもなかった。

石田も結構クリーン・ヒットを当てていたが、ウィリアムズの打たれ強さ、あるいは石田の今ひとつのパンチ力、どちらに原因があるのかは知らないが、ダウンを奪うまでには至らなかった。

その証拠に、顔の腫れ具合などウィリアムスの方が大きいくらいで、ああ、彼も辛抱してたんだなと思った。

石田の今後だが、ウィリアムスに負けはしたものの、KOでもないし、勇敢に戦ったので、どうなんだろう?

安全牌に変わりはないが、それなりに沸かせてくれるとなれば、王者から声が掛かりやすい状態になっていないのかな?

希望的観測かな?

年齢的にもそうそうチャンスはないだろうが、石田VSチャベスJrなんかは見てみたいね。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。