Skip to content
2012年3月22日 / misotukuri

太陽黒点数がまたしても減っている

東京に巨大地震は当分来ないかもと書いたら、途端に震度6の地震があったようで、知り合いからブーイングを浴びたが、あんなものは巨大地震じゃない。

とはいえ、なかなか未来予測は難しいと改めて思った。

太陽黒点数のサイトも長らく見ていなかったが、さっき見たら、またしても黒点数が減っているね。

お肌つやつやのっぺりした太陽が、なんか不気味だね。

http://swc.nict.go.jp/sunspot/

私の数少ない読者の皆さんなら、見ててくれよ、ぜひこのサイトを。

お気に入りに入れておくといい。

こういう太陽活動が不活発な時に、まれに活発になる時があって、大きな太陽フレアが3日も続く時に巨大地震が危ないというから、また心配になってきた。

そういう時に、また黄道線直下に位置していると、航空機事故、交通事故や工場災害が起きやすいとも言う。

これは20年くらい前に読んだ本の受け売りだ。

第二次関東大震災が来る年月日まで予測して見事に外れた本で、それ以来、航空機事故の統計を取るのをやめた。

今思えば継続しておけばよかった。

さらに日蝕、月蝕、惑星直列と重なると、磁場や潮汐力の関係だろう、それこそマヤの予言だ。

ロバート・A・ハインラインの「大当たりの年」、ラリィ・ニーヴンの「無情の月」、「悪魔のハンマー」、J・T・マッキントッシュの「300:1」をもう一度読みたくなった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。