Skip to content
2012年3月25日 / misotukuri

あっちが痛いこっちが痛いか

今朝から左の耳の後ろがズキンズキンして痛くてたまらない。

メガネのフレームがきつかったりしたら、ちょいちょいなるところだが、もうメガネはずっとかけていないからね。

色々原因を考えたが、昨夜、布団の中で左向きになって、長いこと本を読んでいたのがいけなかったかな?

耳の軟骨が変に折りたたまれて、血の巡りが悪くなったのかも。

左肩の痛みはだいぶましになってきて、ようやく左手が右肩を掴むことが出来るまで動くようになった。

その代わり、左のかいなの力こぶが出来るあたりの筋肉が痛い。

肩が痛いのに昨日お米を持って階段を上がったりしたからじゃないの?とかみさんに言われたが、実は、運ぶ前から痛かった。

一俵30kg、何のこれしき、と思ったが、まともに動くのが右腕だけでは、正直きつかった。

その前は、明け方、左脚が腰からもげ落ちそうになって、(もげるわけはないのだが)目を覚ましたことがあった。

腰を痛めたら起きあがれなくなるので、布団の中でまどろむのは止めて、さっさとおきることにしたよ。

他に左手の中指も、小さな切り傷だが、怪我していて、それを人差し指の爪が何かの拍子にえぐってしかたがないので、薬用テープを巻いている。

ところが、それを忘れて、そのまま両手で顔を洗うと、堅くなったテープの縁で顔面の左側を擦って痛くて仕方がない。

とにかく、年末に左肩を痛めてから、身体の左半分があっちこっち痛くなって、かなわんよ。

左肩を痛めたのだって、特に、何をしたというのでもなく、夜、寝る時に、ちょっと左を向いてただけで、翌朝起きたら、左肩が重かったんだからね。

その内、左手が上に持ち上げられなくなって、ある日気がついたら、自分で「幾つになっても50肩」なんて言って、おどけていた。

もう、じっとしていても、腕自体の重みを感じて、痛かったのに。

しかし、これが、死に病なら、どうする?

エエイ!心頭滅却すれば・・・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。