Skip to content
2012年4月2日 / misotukuri

猫ひろしは何を冒涜しているのか?

オリンピックにマラソン選手として出場するために国籍をカンボジアに変更したお笑い芸人猫ひろし。

冒涜しているとまで言われている行為だが、はて、何を?

はっきり言って、彼の行為をどうこう言うのは難しいね。

まず、お笑い芸人のくせに・・・というのは、逆にお笑い芸人はオリンピックには出ようとしちゃいけないのか?と言われそうだ。

また、貧しい国の国民を豊かな国の国民が札束で顔を叩くようなまねして・・・というのも、何の証拠もなしに憶測で言うにはあまりに危険すぎる。

では、そもそもいけないことなのか?と言えば、よくあることで、別にルール違反でもないようだ。

しかし、なんとなく、不純な感じがするのは何故だろう?

この潔癖衝動とも言えるもやもや感は、一体何なのだろう?

ここで勝手ながら、友人のIさんの解説をコピペしよう。

<なんとなくもやっとしてしまうのは、ほとんどの日本人がオリンピックに記録更 新の真剣勝負を期待するなか、2時間40分近いいわば平凡な記録の彼が誰も思 いつかなかった国籍変更という簡単な方法で、出場してしまったからでしょう。

しかし、実際には2時間40分で42.195kmを走るのはたやすくないし、努力の結果なんだから、文句の言える筋合いではないとは思います。

ただ、誰でも出られるなら出ればいいじゃん、とも言いにくい微妙さは残ります。 なぜなら個人が個人の資格で出場する大会ならいいけれど、オリンピックは選手 が国から援助と支援を受け、代表として戦う場だから。

猫ひろし氏はカンボジアの国費、つまりは国民の税金で走ることになる。

単にオ リンピックに出たいから、という理由で他国の人間が自分たちのお金で国の代表 として走ることを、カンボジア人はどう思うのか?

まあ、これは日本人から言う のは変かもしれないけど、立場を置き換えて見るとちょっと考えてしまう。

せめてよそから来て代表になるんなら、メダルを取れる選手であってくれよ、な んて考えるのは日本人だけなんでしょうかね…。>

なるほど、江川の空白の一日同様の奇策というわけか。

また、オリンピックの実態はまさにIさんの言う通りだろう。

しかし、それが果たしてオリンピック憲章の精神に則ったことなのか、疑問だ。

つまり、非政治的で国際的である場としてのオリンピックは、当然ながら、あくまで個人がその個人の資格によって参加するものであり、決して国威発揚の場ではないのだが、そういう理想論を口にするのがむなしい実態があるのも事実だ。

だが、オリンピックの変質を全て認めるとすれば、結局、その時のルール違反でなければ何でもOKということになる。

それにしても、有森裕子の涙の憤慨というか抗議も、少し異常だね。

ああいうのを見ると、これは一部の日本人のオリンピックに対する思いこみや思い入れそのものが、そもそもちょっと変なのかもしれないということに気がつくべきなのかも。

私はそれを潔癖症の一種だと思う。

同時にそういう冷めた目で物わかりの良い態度を取ることばかりがいいとも決して思わない。

われわれは共通の神話や物語を尊重することによってのみ物事の価値は保たれるのだということも知っているからだ。

だから、オリンピック憲章に対するあまりにも潔癖な思い入れもある意味では必要なことなのだ。

だが、潔癖であろうとするにはわれわれの手はあまりにも汚れすぎている。

オリンピックの金メダルの権威や価値が崩壊しつつある今日、猫ひろしの国籍変更という奇策にわれわれが断固たる態度が取れないのもそのせいかもしれない。

そういう態度を取るには、あまりにも情報が少なすぎる。

われわれは、猫ひろしの裏事情なるものを何にも持っていない。

Iさんによれば、<どちらにせよ、猫ひろしがなんでそこまでしてオリンピックに出たいのか、とい う点がまったく報道されていないので、いっそうもやもや感が消えないんですよ ね。>ということだ。

だが、例えば、猫ひろしが、純粋な日本人(?)ではなく在日韓国人とかで、かなり前に日本に帰化していたとして、そういう人物がカンボジアに国籍を変えてまでオリンピックに出場したいと言いだしたら、どうなのか?

そして、それがが周知のことなら、恐らく、勝手にしたら?と問題にもされなかっただろう。

あるいは、猫ひろしは、親がカンボジャ難民で、日本人と結婚してできた子だったらどうだろうか?

いろいろなケースによっては、同じ猫ひろしのことであっても、怒ったり、無関心になったり、はたまた同情して許されたりするのではないだろうか?

だが、そういうのは、変なことじゃないか?

結局、ルールの範囲内ならいいじゃないということになる。

とすれば、問題は、そういう事情によって態度がそんなにもころころ変わりかねない我々自身にあると考えるべきではないか?

猫ひろしが冒涜しているのが何なのか考える前に。

おそらく、これは日本人が日本人について抱いている観念と関係があることなのだろう。

猫ひろしは日本人ならすべきでないことをしたと思われているのだから。

せめて、生活の本拠もカンボジアに移すべきと思うのだろうな。

そういう風に思うのも、変なことと思うが。

どっちにしても、カンボジア人ならどう思うのか知りたいね。

では。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。