Skip to content
2012年4月13日 / misotukuri

北朝鮮ミサイル衛星打ち上げ失敗-他人のことは笑えんぞ

今回打ち上げが失敗した北朝鮮のミサイルについての情報が次第に入ってくるが、まあ、これは人工衛星打ち上げ用だったと見ていいんじゃないかと思う。

ただし、その人工衛星は核弾頭を搭載するにせよ、偵察カメラを搭載するにせよ、軍事用以外考えられないことは確かだ。

ただ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなさそうだ。

というのも、ミサイルのロケット・エンジンには、普通、液体燃料は使わないからだ。

全長30mの三段式で、一、二段目が液体燃料エンジンで、昔のH-Ⅰロケットの3/くらいのスケール。

これなら、人工衛星に核爆弾を搭載したとしても、リトル・ボーイの1/10のサイズがせいぜいだろう。

ただし、今は技術開発の段階だから、後、10年もすればH-Ⅰロケットの水準に達するかもしれない。

液体燃料エンジンのロケットはなかなか難しく、どの国でも未だに失敗に失敗を重ねているので、北朝鮮の今回の打ち上げも失敗の可能性の方が高かったと思う。

前回よりもロケットエンジンの燃焼時間が短かったので、どれほども飛ばなかったようだが、自爆もできない制御不能で日本領空内に落ちてくる事態になれば、確かに打ち落とす必要もあっただろう。

北朝鮮のような世界の最貧国が軍事にこれほど金を使うと、昔のソ連のようにまず経済が崩壊して、体制も崩壊するはずだが、それをなんとか保たせているのは、いろんな国のいろんな思惑から来る援助だろう。

核兵器開発がらみではイランとかが思い浮かぶが、 少なくとも食料援助を受けなければならないような体制は統治能力0で、国民にとって大いなる悲劇なのだが、国民自身が金王朝のマインド・コントロールから脱しようとしない限り、これからも生かさぬよう殺さぬようこの体制が続くだろう。

食料援助を受けておきながら核実験はするわ、ミサイル打ち上げはするわ、何これ?だが、本当に何これ?と思わなければいけないのは、米と中・露・韓の国々の方だ。

中・露・韓の国々は、国境を接しており、北朝鮮は相互の緩衝地帯なので、次善の策としてそのままでいてくれた方がいい。

金正恩が、賢く、内政に力を注ぎ、国の経済や農業を立て直すことに成功すれば、それでもいいのだ。

むしろ、その方が遙かにいい。

なら、どうして金正恩はそれをやらないのか?

やれないわけがあるのだろう。

今回のミサイル衛星の打ち上げ失敗で、粛正される人間が出るだろうという観測を面白がってしている連中もいるが、我が国の福島原発事故で東電の原子力技術者を粛正しても事態の改善には一向につながらないのと同じで、そんなことはないだろう。

だって、他に代わりがいないんだからね。

もし、そんなことをするようなら、北朝鮮のミサイル衛星の打ち上げは永遠に成功しないし、日本の原子力発電の未来もない。

問題は、北朝鮮も我が国も別の所にある。

そもそも進むべき方向を間違えているのだ。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。