Skip to content
2012年4月16日 / misotukuri

カメラのゴミ取り

昨日撮った写真を一枚ずつPCで見ていたら、左下に大きくゴミが写り込んでいるのに気がついた。

カメラは去年の夏に買ったD7000だが、それほど頻繁にレンズを付け替えたりしない方だが、やっぱり1年保たなかったね。

さっそく、クリーニングミラーアップを実行した。

これも、コツがあって、レンズを外して、下から見上げる格好で、ブロワーをシュポシュポするといいそうだ。

デジイチを買ったばかりの頃は、そういうことを知らず、上からのぞき込むようにしてやっていたものだから、ゴミが別の位置に移動するだけで、なかなか思うように取れず、落ち込んでいたものだ。

確かに、そうするようになってから、格段に効率は良くなった。

ついでにかみさんのもシュポシュポした。

その後、ミルクを流したようにのっぺりしている曇り空を撮って、ゴミが取れているかどうかを確認した。

OKだ。

最初に買ったデジイチのD40は、銀メタのボディで、たまたま黒ボディがなかったからだったが、今思うと、この銀色ボディはいいね。

いろんな角度から眺めても、見飽きない。

また、このD40、なかなかの傑作機で、今はもっぱら、純正35mmの単焦点DXレンズを付けて、さらにそれにクローズアップ・レンズやらワイコンを付けたりして、楽しんでいる。

安物ばかりで構成した割に、写りは自分で言うのもなんだけど、なかなかのもの。

山登りに持って行くには、これで十分かもしれない。

なら、何で次々カメラを買うのよ!と、かみさんみたいなことは、言わないでくれ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。