Skip to content
2012年4月28日 / misotukuri

神山森林公園ほっつき歩いてきました

今朝、妻の介護を一通り済ませ、ほな、行ってくるわな、と神山森林公園へ出かけた。

妻のカメラと私のカメラの二丁拳銃なので、私のは、D90にした。

一度、滝壺にボッチャンしたカメラなので、あと、何があろうと、惜しげがない。

最初、八重の森に行ったのだが、そして、登る途中で気がついたのだが、これまで何度も来たはずなのに、何と今まで通ったことのない道だった。

行けども行けども、知った所に出ないので、少し不安になりかけた頃、いきなり着いていた。

やはり、歳いって、一人で山歩きするのは危ないね。

かといって、かみさんがしっかりしているというのでもないのだが・・・

山歩きしていた夫婦が道に迷って、遭難した上に、はぐれてしまい、夫は救助されたものの妻は死んだ事件があったね。

普通は逆なんだけど、それで覚えている。

何でも、はぐれた奥さんは夫が発見された所から数メートルしか離れていないところにいたという。

私が家に帰れなかったら、介護が必要な妻はいったいどうなるんだろう?

近くに息子がいるから心配ないか。

ほな、もっちょっと、いこか。

八重の森のヤエザクラはもうさすがにそろそろ終わりかけ。

白のしだれザクラ(センダイシダレだろうか?)はもうほとんど終わっていた。

3,4年前にヤエザクラの美しさに目覚めたが、写真に撮るのは難しいね。

今日みたいに天気が良いと花のほとんどが陰になってしまう。

八重の森からみはらしが原へ回ると、オンツツジが咲いているのが目に入った。

満開のもあるが、まだまだこれからの方が多いので、ゴールデン・ウイーク中楽しめるだろう。

ハナミズキも最高にきれいだ。

足下にはスミレや名もしらぬ草花が足の踏み場もなく咲いており、いちいち撮っていたら日が暮れてしまう。

まっすぐ、車道まで降りて、次はツツジ原生林へ向かった。

そして、またしても、道を間違えて、下の道へ降りてしまった。

むせかえるような緑できれいなのだが、初めの内に、一本オンツツジがあっただけで、行けども行けども何もない。

しかし、必ず正しい道にぶつかるはずなので、そのままずんずん行くと、チラホラとオンツツジが見えてきた。

まだ早いのか、裏年(?)なのか、咲いている絶対数は少ないようだ。

D90に付けた50mmの単焦点レンズでは、ちょっと距離が足りないので、70mm-300mmのズームレンズに付け替えた。

だいぶ楽になったので、遠くのは主にこれで撮った。

結局、山の斜面をぐるっと下から上へとインメルマンターンしてきたようなものだ。

何?インメルマンターンを知らない?白子のりじゃないんだよ。古いか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

車の所までたどり着くと、もう12時近くなっていた。

腹はそれほど空いていないので、神光寺の登り藤の様子を見に行ってから帰ることにした。

まだ、もうちょっとだね。

藤の甘い匂いが立ちこめていて、蜂がせっせと密を集めていた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。