Skip to content
2012年6月1日 / misotukuri

大飯原発再稼働容認-みんなそういう手法に飽き飽きあきれてる

本当に、あらかじめお断りしておくが、オレは橋下徹が嫌いではない。

だが、オレはミステリを読んでも映画を見ても、何事も手法的に考える方だから、見え透いた手を使われると白けるんだよ。

このブログでも、いつだったか忘れたが、橋下は反原発みたいなことを激越に言ってるけど、ひょっとしたら、関電側とはテーブルの下で手を握っているかもしれないよ、げなことを書いたと思うが、やっぱりね。

55年体制下の政府・自民党に対する社会党みたいなやり方はもういいよ。

コト原発で、それはないだろう。

もっと、冷静で科学的なな議論を提起するとかして、エモーショナルなやり方は出来るだけ避けるべきだ。

福島原発事故で大変なことが起きて、政府も原子力の専門家も権威を失墜したのは分かっている。

しかし、今の原子力行政は、羮(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹くようなことをしておいて、「やっぱり、膾なんで吹かなくても大丈夫です」なんてやるから、「どうして羮でなくて膾だと言えるんだ?その根拠は?」なんてやられる。

元々、原発を皆停止させる根拠なんてどこにもないのに、ようするに不安だからとりあえず停めた。

それなら不安が解消されなければ、再開なんて出来ないだろ!

いやあ、後になって、冷静に考えてみたら、全部停めたのは間違いだった。

そういう不安には大した根拠はなかった。

そんなことしなくても、徐々に通常の点検の中で、福島原発の事故の教訓をふまえて改善策を講じていけば、こんな混乱は生じなかった。

・・・・なんて、言ったって、もう遅い。

全てはこういう現在の混乱を前提に、もつれた糸を解きほぐしていかなければならない。

それなのに、タイムリミットが6月上旬までだという理由から、政治的利益を得るために一芝居打つなんて、国民大衆を愚民視していることに変わりない。

この夏、原発抜きには電力が足りなくなるかどうか、さほど難しい話ではないだろう。

計画停電などしなくたって大丈夫だと言っている人にデータを見せて、停電したらお前責任取るか?と言えば済むだけだ。

橋下市長が言うように、需要期だけ原発を動かすというのは、それこそ専門家でないから、そういうことが良いことなのか分からないが、多分、逆はあってもそういうのは却って原発には良くないのではないかな?

機械類の点検でも言えることだが、点検すればするほど安全かと言えば、点検によってはそうとも言えないものもある。

原発なども極端な話、壊れたら廃炉にして新しいのと取り替えるぐらいにしないとだめなんじゃないかな?

そのためには、取り替えられるよう、炉を小型化する必要があるだろう。

原発大艦巨砲主義はそろそろやめた方がいい。

いずれにしろ、国民に不安を与えた責任は政府に取って貰わねばいけんよ。

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。