Skip to content
2012年6月26日 / misotukuri

「私は消費税増税法案に反対票を投じました」というアリバイ

消費税増税法案、ついに衆議院通過したね。

消費税増税は、もう少し、国民的議論を喚起してからでもよかったと思うがねえ。

いつまでも民主党にこういう正統性(レジティマシー、legitimacy)の無いことをやらせておいて、国民はホントに何とも思わないんだろうか?

筋を通すってことをやらないのは、堕落なんだよ。

国民を指導しなければいけない人たちが堕落してていいのかねえ?

リベラルは倫理・道徳面で堕落していると思っていたが、政治の倫理・道徳もその例外ではなかったようだ。

政治倫理に問題がある小沢グループや鳩山グループらが消費税増税に反対したというから、また話がややこしくなる。

だが、彼らが本気で消費税増税に反対しているのかと言えば、そうでもない。

あれは選挙の時のアリバイ作りだ。

「私は消費税増税法案に反対票を投じました」と釈明するためのもの。

他の民主党員が公約違反の消費税増税で軒並み落選しても、自分らだけは大丈夫だろうという計算。

消費税増税の果実はちゃっかり貰いつつ、筋は通したポーズ。

こういうのに手もなくコロッとだまされるかねえ?

しかし、まあ、消費税増税前の駆け込み需要が起きるだろうな。

オレも、ヘソクリはたいてレンズでも買っとこうか。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。