Skip to content
2012年7月8日 / misotukuri

ノニト・ドネア、マチェブラを下しIBF&WBO統一チャンピオンに

佐藤洋太VSシルベスター・ロペスのTV中継がないので、今日は先にノニト・ドネアVSジェフリー・マチェブラのS・バンタム級WBO&IBFの世界統一戦の感想を書いておこう。

結果は、3-0の判定でノニト・ドネアがマチェブラを下し、統一王者となった。

前IBF王者になったマチェブラは、ドネアより身長が11cmも高く、180cmもあるので、セレスティーノ・カバジェロと同タイプかと思いきや、そうでもなかったね。

クネクネしてるのは同じだが、パンチが非力で、その分、防御が良かった。

もっとも、4Rにドネアの左ショート・フックがまぐれで当たってダウンしたが・・・

ドネアは、やはり西岡を意識して、より速く、より強く打とうとするから、テレフォン・パンチになっていた。

勝ち続けるとライバルたちの研究も進むので、ドネアのビッグ・パンチはもうほとんど丸裸状態だ。

マチェブラの勝ちはないが、点差以上にドネアは苦戦したと思う。

西岡選手も直に見て、ドネア攻略に自信を深めたのではないだろうか。

ドネアVSマチェブラ戦を見ていて、佐藤洋太VSシルベスター・ロペス戦がダブって仕方がなかった。

さて、どうなるか?

<2012.7.8追伸>

既に、佐藤洋太VSシルベスター・ロペス戦の結果が出ていた。

佐藤洋太の118-110、116-113、119-110の3-0の大差判定勝ち。

面白くない予想ではそうなるだろうと思ったが、面白い予想はやっぱり外れるものだね。

試合の感想は、動画を見てからにしよう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。