Skip to content
2012年7月11日 / misotukuri

旧友478マシン最近不調です

最近サブ用の自作デスクトップPCの調子が悪くて、原因を究明中だ。

PCのトラブルは、原因を究明してあれこれいじくるより、OSの再インストールをするに限るとは、経験的に分かっているのだが、他人にはそうは言っても、自分ではやっぱりああでもないこうでもないといじくるのが楽しい。

だから、同好の士以外はパスしてくれ。

このPCのM/Bは、かみさん用のPCで6~7年使っていたもので、去年か一昨年か忘れたが、最近付け替えたものだ。

今ではクラシックなPentium4HT 3.2E(D0) のCPUが使えるSocket478-pinタイプの安いM/B。

メインで使っているVistaマシンのM/Bも最後は調子が悪くて、電源がよく落ちた。

熱暴走かなと思って、Core Tempとか入れて熱を測ってみたが、それほどでもないし、バッテリも変えてみたが、ダメ。

もうこれはM/Bかと思い、今のG31M+に変えたら、安定したので、やっぱり寿命だったかと思った。

まだ、買って2年も経たないのにねえ。

今度はちょっと症状が違っていて、毎回立ち上げて10分くらいするとシステムがダウンし、再度、立ち上げると、もうダウンはしないのだが、特定のインストーラー・ソフトが使ってもいないのにエラー報告するようになり始めた。

最新バージョンなので、これがいけないのかなと思い、このソフトをシステムから外した。

当然、エラー報告はしなくなったが、システム・ダウンは相変わらず起きる。

バッテリは外付けにしてあり、システムがダウンしても、ファンは回っているから、バッテリ自体に問題はないと思う。

M/Bのコンデンサがオシャカになっているとか?

CPUは当然、478のM/Bって、さすがに新品はもうないよな。

いまだに478マシンを使い続けるメリットって、ほとんどないのだけど、XP-sp3でVista-sp2より立ち上がりはわずかながら速いし、XPだと古いソフトやプリンタが使えるし、ネットでアニメを見るくらいなら動画もAGP×8で遜色ない。

しかし、CPUにせよ、M/Bにせよ、さすがにもう中古を探すつもりはない。

これでおしまいだ。

<2012.7.16>

状況は変わっていない。

電源が落ちると言うより、画面がフリーズするようだ。

ビデオ・カードに問題があるようなので、明日、カードを抜いてみる。

今夜は、ボクシングがあるのでね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。