Skip to content
2012年7月15日 / misotukuri

いじめ自殺は防げるか?

いつの時代にもいじめというのはあるものだが、大津市中2の「いじめ自殺」のいじめは、ちょっと度が過ぎたね。

いじめた本人は当然のこと、いじめに荷担した級友、担任、校長、教育長等々、関係者全員、その罪に応じて厳正な処罰をしなければいけないだろうな。

もちろん、捜査をして、少年の自殺がいじめを苦にしてのものだったという因果関係があればの話だが・・・

中学校の校長の「現象自身は、けんかという現象であって、いじめに発展する可能性があるということを捨てきれないということで、見ていくと・・・」という弁解は多分事実だろうけど見苦しいね。

保身の言としか受け取れない。

そういう態度が事件を引き起こしたのではないのか?

「だってね、あいつの親が、また親でさあ、モンスター・ペアレンツって奴、証拠もないのにそんなことできないよ」

「じゃあ、ここはひとつ、様子を見ると言うことで・・・」

と、事なかれ主義に堕していく。

だが、あなたにそんな彼らを非難する資格があろうか?

立場が変われば、同じ事をやっている。

しかし、だな、ここからが肝心要のことだが、世の中にはいろいろと人を指導しなければいけない職業というものがある。

学校の先生という職業もその一つだ。

子供たちに良き大人になることを教えなければならない。

だいたい、そういう職業に携わる人は、その職に就く時、それなりの覚悟をしなければいけないとしたものだ。

先生なら、ことある毎に子供たちの模範となる行動をする覚悟かな?

それ故、先生は聖職と言われる。

あの担任の行為は、校長の発言は、子供たちの模範になるようなものだろうか?

もう一度言う。「先生という職業は、聖職だ」と。

だが、現実には誰もそんなこと信じちゃいないわけで、日教組でなくたって、自分たちのことを教職労働者と考えている。

賃金に見合わないことはしたくないし、する気もないのだ。

彼らがいじめと分かっていても、あくまで「喧嘩だ」と言い張るのは、無理もない。

「何ですかい、じゃあ、いじめ自殺を未然に防止したら、おほめにあずかれるとでも?」

逆ですよ。

知っているある小学校の教師なんか、○○少年万引き団を摘発したら、逆に大目玉で、大変なことになってしまった。

民主主義で正義を貫いて、大勢の人間に恨まれるより、一人の自殺者を出す方がマシなのだ。

何の覚悟もない先生にいじめ防止を期待するのは無理というもの。

いじめられっ子は、自ら防衛するしかない。

元いじめられっ子だったというボクシング元世界フライ級チャンピオン内藤大介選手じゃないが、ボクシングでも習えよ。

そこで負けない気持ちを学ぶのだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。