Skip to content
2012年7月20日 / misotukuri

今時スマホを持ってないのは

今時ケイタイを持ってないのは、1 ケチ で、2 ガンコ で、3 友達がいないの三拍子揃った人間だと言う。

アホかと思うね、そんなこと言うのは。

そのケイタイも、今じゃあ、スマホやiPodに取って替えられているのだろう。

今時スマホやiPodを持ってないのは、何とやらだ。

だがな、スマホもiPodも結局は何のことはない二昔前のPDAでしかない。

ザウルスやシグマリオンの中身をリファインすれば、どこが違うの?

いや、違うんだったら、言って欲しいな?

まあ、どっちにしても、私が要るのは、メールだろ、電話だろ、それと時計は要るわな、あとは、せいぜい天気予報かな?

皆、ガラケーで出来てしまう。

ナビはポータブルのナビを車につけてるから要らんし、音楽をダウンロードなんかすることもないし(そんな劣悪な環境で聞いてもしかたがないだろ?それにナビでもダウンロード出来る)、動画は目が悪いのにそんな小さな画面で見たいとは思わんし、ゲームをするほど子供でもないし、ようするに、使いたくなるような機能がない。

まあ、外科医がiPodで遠隔手術をしたという話はスゴイと思うが、そんな高度な利用がオレらに出来るはずもないだろ。

だが、何もかも昔からある技術で、新味はない。

新味はマーケティングだけ。それがスマホやiPadの真実だ。

久しぶりのヒットに沸いてる業界の邪魔をすんなよだろ、ハイハイわかっておま。

それにしても、この業界はホントあこぎな商売やってるね。つくづく、そう思うよ。

今日、息子のモバイル端末のWiFiルーターが壊れたので、機器の機種変更に出かけた。

既にケーブルTVに入っており、スマホも使ってることだし、この際、据え置き型のLANにしたら?と言ったら、一時、乗り気になっていたが、インターネットに接続できるようになるまでに何と3週間もかかるというので断念した。

だが、このモバイル通信会社の代理店の店員の説明には恐れ入ったよ。

解約になるので、違約金が必要になりますと言うのだな。

「お前、この器械、何年使ってる?」と息子に聞いた。

「1年過ぎたところ」

「で、契約は?」

「2年」

「じゃあ、この最新機種買っても、やっぱり、1年で壊れたら、どうする?また違約金払って機種変更するのか?ちょっとそれおかしいんとちゃうか?」

すると、店員が言うには、「そういう時のために修理保証プランがあります。月々315円でこういう・・・修理代金は要りますが」だと。

ハア?だよ。

「じゃあ、これなら、幾らくらい要るんだよ?」と念のため聞いてみた。

「1万円くらいですかね」

嘘、コケコケのコケコッコだ。

USBの差し込み口がスポスポになったくらいで、なんでそんなに要るんだよ。

ぼったくるのもいい加減にしろ。

だいたい、2年プランを勧めるなら、2年間は壊れちゃいけないんじゃないか?

・・・・だが、まあ、今日中にネットにつなげるというメリットには勝てなかった。

まあ、最新機種に替えて、月々1000円くらい安くなるから、違約金を払っても、1年支払いが延びたと思えば、トントンかとも思う。

1時間ほど待たされて、手続きが終わり、器械を手にアパートに帰った。

「ネットにつながるまで見届けようか?」と言うと、息子の奴、イマイチ自信がないのか、「そうしてくれる」だと。

しょうがないのでつきあったよ。

USB接続だし、ほとんど何の手間もかからないだろうと思っていた。

ところが、そうはイカの何とやら。

取説どおりやったのにネットにつながらない。

しばらく、あれこれいじったが、わらない。

とうとう、フリー・ダイヤルで聞いてみた。

オペレータの指示通り作業をすると、ようやくネットにつながった。

さすがにホッとしたよ。

しかし、何だね、オペレータの指示は取説のどこにも書いていないことだった。

やっぱ、これ、おかしいんじゃないかい?

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。