Skip to content
2012年7月24日 / misotukuri

修理してるのか壊してるのか?自作デスクトップPC

少し前にも書いたことだが、サブに使っている自作のデスクトップPC、478マシンの調子が日に日に悪くなるので、今日は午後から思い切って修理することにした。

やっぱり、諸悪の根源は発熱だと思うので、2台のHDDの間を広げることにした。

そのため、FDDはもう要らないので、外した。

必要な時にはUSB接続のFDDがあるので大丈夫だ。

これでトレイ2つ分の空間が出来た。

次に、ビデオカードを外した。

旧式のAGP×8なのだが、M/Bと相性が悪く、イマイチだったので、未練はない。

サブだから、これでGyao!なんか見ないし、M/Bオンボードのビデオで行こう。

電源は外付けにしてあるが、やはりまだ熱が籠もるので、ファンを2つ付けた。

背面とHDDの側面にだが、なぜかHDDの側面につけたファンが回ってくれない。

ちょっと変わったタイプなので、故障と言うより、どこかM/Bのソケットにつなぐのかもしれない。

面倒なので調べるのはまた今度にしよう。

・・・と言うことで、元通りつなぎ直して、スイッチ・オンしたのだが、WindowsXPが立ち上がらない。

んんん?何故に?

POST画面のママなのだが、ビデオの調子が悪そうで、画面が汚い。

電源を切って、コードを外して、もう一度、差し込み口にしっかり差し込んで、電源を入れたが、やっぱり同じ。

HDDのコードの差し込み具合まで遡って、繰り返すこと2回。

ダメなので、BIOSを見てみた。

異常はないが、ブート関係では、FDDを外しただけなので、異常は、なくて当たり前なのだが、念のためブート順番を変えてみた。

「HDD0→CD-ROM→FDD→ブート可能なもの」 というのを、

「CD-ROM→HDD0→HDD1→ブート可能なもの」 に。

すると、WindowsXPが正常に立ち上がった。

オンボードのビデオもまあまあ動いている。

色々と手で触ってみても、ほとんど発熱していない。

成功したかな?

まあ、明日の朝、無事立ち上がったら、当分、買い換えなくて済みそうだ。

後は、HPのこれも旧式ノートPCだけだ。

画面が切れかけの蛍光灯のように点滅するので、多分、バックライトの問題だろう。

これは、さすがのJinchanもお手上げだ。

<追伸2012.7.25>

デスクトップPCは何とか正常に作動するようになった。

やっぱり、グラボやHDDの熱が問題だったようだ。

ノートPCは、インバータかもしれないな。

<追伸2012.7.26>

デスクトップは、完全復活ではないようだ。

ノートPCは、デスクトップのディスプレイにつないでみたら、そちらの方は正常に作動していたので、ノートPCのバックライトかインバータの問題だろう。

どちらも私の手には負えないし、修理するほどの値打ちもない。

ノートPCのCPUの交換は自分でしたことがあるが、あんな狭いスペースでグニャグニャのソケットと格闘するのは二度とお断りだと思った。

バックライトの冷陰極管の交換くらいなら出来そうだが、やっぱり、もうええわ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。