Skip to content
2012年8月6日 / misotukuri

金メダルを取れない理由-モチベーションの欠如

ロンドン五輪、昨日は男子フェンシング・フルーレ団体準決勝(対ドイツ)を見た。

いやあ、まれに見る死闘だったね。

太田の執念は、何だろうね。パイオニアの誇りか?

決勝ではイタリアに負けて銀に終わったが、一瞬しか使えない脚を早めに使ってしまった差し馬のように、準決勝で力を出し切ってしまったのだろう。

フェンシングに限らず、日本勢、空前のメダル・ラッシュだが、何故か、金が取れない。

いずれ、問題となるだろうから、ここらで、「日本勢が金が取れないのは何故か?」について考えてみよう。

まあ、論文じゃないから、感想的なことしか言えないが、オリンピックに出場したということだけで、ある程度、達成感を持っている選手が多いからじゃないか?

どうしても金、というモチベーションを持って戦っているようには思えないのだ。

昔の日本の選手というのは、「日本人はテンション民族(天孫降臨神話の天孫と緊張のテンションを掛けたもの)だから」とか言うくらい緊張していたものだ。

それがいいとか悪いとか言うのではなく、日の丸背負ってるという意識が大変な重圧となっていたと思う。

今は、そんな感じは全然しない。

皆が皆というのではないが、二世選手も結構いて、中にはオリンピック選手同士の子とかいうサラブレッドもいるようだし、彼らは最初からちやほやされている、言わばエリート。

身体能力も才能もずば抜けてるし、ちょっと鍛えれば、直ぐに国体選手レベルを超えてオリンピック選手レベルになる。

彼らに金以外はダメだ、どうしても金を取れ!と言っても、そういうモチベーションを見つけるのは難しいだろう。

金も名誉にも不自由していないおぼっちゃま、おじょうちゃま達だもんね。

団体戦みたいに、「勝ってみんなで盛り上がって楽しもうよ」というモチベーションなら結構見つけやすいかもしれないが。

それでも、負けた時の互いの責任追及はしたくないから、メダルは取れたらうれしいという程度のモチベーションでしかないだろう。

だが、富士山はそこに登ろうとしなければ決して登れない。

麻雀の役萬もたまたま出来るものではなく、狙わなければ和がれない。

しかし、個人戦のように、「金メダルを取って、それを土産に高い契約金をもらってプロになり、早く家族を楽にさせてやりたい」とかいうモチベーションは今の日本人には、とてもじゃないが、持てないだろう。

そこまで貧しい人は少ないからだ。

中には、射撃の選手で、練習用の弾も買えない貧乏暮らしの女性もいたようだがね。

離婚して、パート暮らしで、お金が無くて、練習も満足に出来ていない。

才能だけではメダルを取れないと分かっていても、何とかオリンピック選手にもぐり込めて出場できた、そんな彼女のモチベーションとは?

まあ、彼女のようなのは例外だろう。

だが、一般に、選手個人にハングリー精神の欠如を感じるね。

暗くぎらぎらと輝く野獣の目つきをした選手なんて、ホントおらんもんな。

かわいくなくてもいいのにな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。