Skip to content
2012年8月20日 / misotukuri

尖閣・竹島とガタガタ騒ぐんじゃねえ

巷は尖閣・竹島と騒いでいるようだが、戦争する覚悟も準備もないくせに何を今更ガタガタ言うのかと思うね。

領土問題なんてのは、戦争でしか解決できないと絶望的に認識すべきだ。

村上龍の「半島を出よ」ではないが、九州の一部が突然占領されても、何にも出来ない腰抜けばかりなのは、小説と変わりないだろう。

そもそも、今回の尖閣と・竹島とは、何か関連性があるのか?

まず、中国は全人代(全国人民代表大会)の改選の年に当たっているし、韓国でも大統領選の年に当たっているということがある。

二国とも民度が低く、民主主義が機能していない国で、権力闘争の手段で先に反日を持ち出した方が得をするという、まさに国内事情だな。

だが、始めは「まあまあ、穏やかに」とやっていた日本でも、いったんナショナリズムの火が付くと、消しようがなくなるよ。

まあ、下手に出てりゃいい気になって、ナメるのもいい加減にしろ!とね。

竹島問題では、北朝鮮は、ちょうど20日から始まる米韓合同軍事演習の時期と合いまり、これが北への電撃侵攻のための陽動作戦ではないかと疑心暗鬼で静観しているようだ。

確かに、まだ金正恩の権力掌握が十分でない今、北朝鮮側からの挑発を理由に、一気に侵攻するチャンスかも知れない。

日朝は、金正恩に代替わりしてから、水面下で接近していることは確かだが、あるいは、サプライズを画策しているのかも知れない。

今や、首の皮一枚でつながっている野田ドジョウ首相は、小泉さんの二匹目のドジョウを狙える。

尖閣も結果的には、普天間基地の辺野古移転やオスプレイの配備に寄与してくれる。

オスプレイは配備することに意義のある「張り子の虎」であり、辺野古は陸上移転がベストということは、以前にも書いたので、省略するが、民主党は潰れても、野田は当分替えない方が良いかもしれない。

消費税増税もそれ自体は愚の骨頂だが、これも税率を上げる事自体に意義があるのかも。

増税の表向きの理由はデタラメだからな。

とにかく、三国の現政権が自らの権力維持のために危ない火遊びをしているね。

こんな時こそ、森本敏防衛大臣、しっかりしてくれよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。