Skip to content
2012年9月23日 / misotukuri

Konica Revio KD-510Zの点検

コンデジのかっての名機 Konica Revio KD-510Z を一年に1~2回引っ張り出してきて、まだ撮れるのを確認している。

愛着のあるコンデジなのだが、はっきり言って、壊れている。

後ピンだし、Zoomボタンが敏感で指を触れるか触れないかですぐにZoomが入るし、バッテリーもだいぶ弱っている。

しかし、そこらをテクニックでカバーして、何とかまあまあの写真が撮れては喜んでいる。

手ぶれ補正?そんなものあるもんか。

二枚目だけ三脚で撮ったが、それ以外は手持ち。

充電さえすれば、まだ撮れることがわかったので、またしばらく、引き出しの中にしまっておこう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。