Skip to content
2012年10月5日 / misotukuri

中津峰山へアケボノソウを見に行った

スライドショーには JavaScript が必要です。

今日は中津峰山へアケボノソウを見に行ったのだが、他にも、今年はツルニンジンがたくさん咲いているというので、途中で去年見かけたところへ行ってみたが、全くなかった。

多分場所が違うのだろうと、少し上がって行くと、あった。

たくさん咲いていたようだが、ほとんど散っていて、残っているのは、4つか5つほどだった。

そういう目で見ると、確かに葉っぱはあちこちで見かけるが、どうやらもう終わってしまったようだった。

次はアケボノソウだが、去年見かけたところへ行くと、一株だけ咲いていた。

まあ、アケボノソウは大川原高原の方でも咲いていたので、また行くとして、お昼にも近かったので、早々に帰ることにした。

すると、オタカラコウの周りでアサギマダラがひらひら飛んでいるではないか。

一匹(正確には一頭と数えるらしいが)谷側のオタカラコウに止まったので、あわててデジカメの48倍ズームで撮影した。

帰り道、ノササゲの花を撮っていると、アサギマダラがやって来た。

はては、この近くにと、辺りを見回すと、アサギマダラの好きなヒヨドリバナがたくさん咲いていた。

しかし、私を警戒してなかなか止まろうとしない。

ついにアザミに止まったところを一枚撮ったが、望遠でなかったので、あとでトリミングすることにした。

そこへ登山者がやってきたので、ノササゲの実が紫になっているのを知らないかと聞くと、直ぐそこにあると教えてくれた。

ノササゲの実はちょうど葉の陰になっていたので、葉っぱを横へ向けて撮った。

下山した後は、勝浦川の堤防下のコスモスなどを撮って、家に帰ってきたら、庭の酔芙蓉がわんさか咲いていたので、蔭だけどこれも撮った。

今日は、ホントに一日中写真を撮っていたな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。