Skip to content
2012年12月11日 / misotukuri

今頃フロッピーディスクの大掃除

師走だからというのではないが、机の引き出しの掃除をしたくなって、古くなったソフトの入ったCDとかを整理していたら、フロッピーディスクが100枚近くあるのに気がついた。

今ではフロッピーディスクなど使うことは全くと言っていいほどないのだが、なぜか捨てられずに置いたものばかり。

「テキスト・コンバータ」、「姓名判断」などは、DOS環境が違うので使えない。

昔のOSの起動ディスクは作ったきりでほとんど使わなかったのだが。

削除したブログ記事のバックアップなどもあるが、二度と見ることもないだろう。

OSの再インストールをもう何十ぺんもしているので、そのたびに行ったIEのお気に入り(BookMark)のコピーが何枚かある。

今では縁の切れてしまった人々のアドレス(もはや使えないだろうと思うが)も残っている。

それから、パスワードなどの備忘録も。

こういうのはホントどうしたらいいんだろうね。

大昔の5.25インチのフロッピーディスクは、PC9801VXを処分したとき、ハサミでチョキチョキ切って捨てたが、この3.5インチのフロッピーディスクは分解するのも大変だし、困ってしまうよ。

とりあえず、一つずつ中身を見て、残しておきたいもの以外は削除して、フォーマットしようと思ってやっている。

ところが、USB接続のFDDに一枚ずつ入れて行く内に、最初からFDDが受け付けないものもある。

壊れたのかと思って、それをこねくっている内に、そうだ、フロッピーディスクって、規格がいろいろあったよな、と思い出してきた。

8フォーマットとか、9フォーマットとかあったよな・・・・いや、あれは5インチ当時のフロッピーの話か?

A>FORMAT B:/9

9セクター・フォーマットで、640KBを720KBにフォーマットするやり方だった。

3.5インチは、FDD自体が2モードとか3モードとか、いろいろあったな。

内蔵FDDは、実は、今取り外してあるのだが、もう一度取り付けて、受け付けてくれなかったフロッピーディスクが認識できるかどうか確かめてみる必要がある。

この作業、今夜中には終わらないな。

もう、くたびれたので、明日にしよう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。