Skip to content
2013年1月4日 / misotukuri

除染しても効果がないから手抜きするんだろうが!

民主党政権の馬鹿が始めた除染作業の現場での手抜きが暴露されて、朝日新聞など怒りまくっているようだが、元々、除染しても効果がないから手抜きするんだろうと思うね。

現場の作業員たちが除染作業の手抜きをして谷や川に流れ込む汚染落葉や枯れ枝以上に自然に谷や川に流れ込んでいるはずだ。

そんなもの、あっちのものをこっちに動かすだけで、何の解決にもなっていない。

これこそまさにドブに金を捨てるだけ。

そんな無意味なことをして金をばらまいても、せいぜい、雇用対策と一部ゼネコンをもうけさせるだけで、東北の再生復興にもつながらず、倫理的退廃を招くだけ。

元々、除染作業を請け負っている企業の従業員に東北復興へのモチベーションなどあるのか?

台風や大雨で山崩れなどが起きると、過疎地の土建業者たちは、これで10年くらい食いはぐれずに済むとほくほく顔だ。

復興工事が長引けば長引くほどいいのだ。

その災害で自分たちの家族を失っておればまた事情は違うだろうがね。

放射線汚染の健康被害の問題だって、被災者には切実な問題。

本当のことが知りたいはず。

反原発派や原発推進派の都合の良いプロパガンダの言説はもうたくさんだろう。

住民が避難した地域に取り残された動物たちに放射線による健康被害は出ているのか?

犬や猫、鶏、牛や馬に魚貝類。

残留放射性物質の有無だけでなく、問題は汚染された彼らの身体の異変や後世代への影響の有無だ。

進化突然変異原因説は放射線を使ったショウジョウバエの実験で否定されたという話をどこかで聞いたような気がするが、わからないことが多すぎる。

しかし、どう考えても、そして、実際やってみて、やっぱり何の効果もないとわかったことを、まだ大金を投じて続けるのは、もういい加減にやめたらどうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。