Skip to content
2013年1月21日 / misotukuri

クローンSSDをノートPCに換装した

今日は昼から、お餅を少しだがついたあと、懸案のノートPC へのSSD(インテル製330シリーズ120GB)導入を試みた。

それまでに、色々と次の準備はしてきた。

1 ノートPC のHDD格納部分の蓋の開け方が分からない→隠しネジがあった

2 HDDのクローンSSDの作成→自作PCではないので、クローンが一番簡単

3 クローン作成方法→HDDtoUSBケーブルが必要(安いので買った)

4 HDDにインテル Data Migration Softwareをダウンロード→SSDを3で接続してからすること

5 HDDの取り外し方と、SSDの装着の仕方→ネットの動画を参照

とりあえずは、その他にネジを回すのに+のドライバーが1本あれば、十分。

6  その他にIntel SSD ToolboxもインストールしておくとSSDシステムの管理に便利だろう。

・・・とまあ、ここまでに約1ヶ月は時間を掛けているので、参考までに。

その間、Vistaマシンを8マシンに改装したり、デュアル・ブート・システムのはずだったHDDのユーザー・プロファイルの修復とか、8マシンのアプリインストールに失敗する原因を突き止めたりと、色々やってるんですよ。

満を持して、ようやく、取り掛かったが、すんなりとはいかなかったね。

結果的には2時間くらいで、SSDの換装に成功し、このブログもそれで書いているのだが、やっぱり、ドジッたことも書いておこう。

クローン化する前にSSDのフォーマット(わざわざ別にしなくてもクローン作成途中でフォーマットされる)をしていて何を勘違いしたのか、HDDのOSリザーブ用パーティションのドライブをフォーマットしてしまった。

(SSDのシステムがクラッシュした時、どうしたら良いのか?その時はWindows8にするか!)

2 SSDをセットして、裏蓋を取り付け、ネジを締めようとしたら、ネジ穴が微妙にズレていて、どうしてもネジが入らない。→特に必要ないので、ネジ止めはあきらめた。

Hさん、ご指導ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。