Skip to content
2013年2月17日 / misotukuri

カレーうどんを見直した

麺類ではうどんが一番好きだが、カレーうどんだけは食べる気にはなれなかった。

もちろん、何度か食べたことはある。

覚えているのは三度かな?

一度は息子が食べていたのを少しもらったのと、二度目は日航のカップカレーうどん、三度目は貰い物の半生のレトルトカレーうどん。

一度目と二度目は、よくまあこんな不味いものをうまいうまいと言って食べるなあ?という感じだった。

ところが、三度目はベースが讃岐うどんだったこともあり、出汁が利いて、まさにカレー出汁の讃岐うどんという感じでうまかった。

ああ、これがカレーうどんというものか!これならなかなかイケてるじゃない、と、正直思ったね。

まあ、次第に抵抗はなくなってきていたのだが、今日、完全にカレーうどんもうまいものはやっぱりうまいのだなと思うようになった。

完全に認識を改めたわけだ。

実は、今日のお昼は昨夜のトリ鍋の残りにトヨタカローラでもらったカレーうどんを入れたというゲテモノ・ランチ。

これが何と、ひじょおおおおーーーーーに、うめえええええーーーーーのメエメエやぎさんだった。

ようするに、出汁が一番なのだ。

トリ鍋で出に出た出汁にカレー出汁を加えたら、これはうますぎるよ。

カレーは一つのおいしく感じる風味にすぎない。

ただ、うどんは讃岐うどんより、徳島で言うなら、赤池のうどん、大阪のうどんのような炊く前から既にくたくたに伸びきっているようなうどんの方が、カレーうどんには向いているような気がする。

カレーうどんって、ようするに鍋焼きうどんの変種だね。

それって違うと言うんなら、もっとうまいカレーうどん、おせーて。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。