Skip to content
2013年3月27日 / misotukuri

ゲンナジー・ゴロフキンVS石田順裕の試合を楽しもう

3月30日モナコでWBA世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナジー・ゴロフキンVS 石田順裕の一戦が行われる。

ゴロフキンが強すぎるので、今回は予想はやめておこう。

石田のKO負けもあり得る中で、善戦、ひょっとしたら大番狂わせが起きはすまいかと期待して観戦したい。

意外とゴロフキンの背が低いので、石田がブレイクしたジェームズ・カークランド戦の再現でゴロフキンをKOすれば面白いのだが。

可能性はあるが、ゴロフキンも「カークランドのようにはならない」と意識した発言をしているので、十分研究済みだろう。

Youtubeでゴロフキンの練習を見たが、あの左フックの迫力には参った。

ミット打ち、サンドバッグなどが映っていたが、ホント、ものすごいね。

ウワーッ、こんな奴とやるのかーっ!って、感じだ。

石田もスゲーな。

ポール・ウイリアムスの連打もすごいなあと思ったが、ゴロフキンのパンチは重いよ。

ハンマーパンチだな。

石田とすれば、やはり、誰もが言うだろうが、距離をとって、左ジャブと右ストレートで勝負だな。

ゴロフキンはちょっと穴が見当たらないが、接近してきたら、石田は左アッパーなんか打ってみたらどうかな。

年齢的にも最後のチャンスなので、ボクシングファンの記憶に残るような試合を期待したい。

同じ日に、IBF世界ミニマム級タイトルマッチ、マリオ・ロドリゲスVS高山勝成戦もあるが、こちらはメキシコなので、モナコの方が先に結果がわかるだろう。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。