Skip to content
2013年4月7日 / misotukuri

亀田興毅、パノムルーンレックに辛勝でタイトル防衛

WBA世界バンタム級タイトルマッチ、亀田興毅VSパノムルーンレック・カイヤンハーダオジムの一戦は、チャンピオンの亀田が2-1のスプリット・デシジョンで6度目のタイトル防衛に成功した。

非常に競った試合で、またもや疑惑の判定か?と言われそうな辛勝だったね。

わたしの採点では、114-114の引き分け。

しかし、これはいわゆる私なりの採点によるもので、これがアウェーだったら、パノムルーンレックの勝ちだろう。

私の採点で問題なのは、1ラウンドと最終回の12ラウンドの採点だ。

これを両方とも亀田の10-9でつけているが、最終回は10-10もありと思う。

そうすると、114-115でパノムルーンレックの勝ちになる。

1Rは、私は明白な差がつけられなければ、常にランク上位のものに敬意を表して有利につけることにしている。

従って、今回は、亀田興毅がチャンピオンだから、亀田に10-9とつけた。

2Rも1Rに引き続き明白な差がなかった場合、今度は逆にランキング下位の者に有利につけることにしているが、今回は、挑戦者のパノムルーンレックの強烈な左アッパーが亀田のアゴをヒットし、一瞬、亀田の意識が飛んだようになったから、迷わずパノムルーンレックにつけた。

以降、10R終了時点で、両者取ったり取られたりでイーブン。

11R、パノムルーンレックが亀田をロープ際に押し込んで連打を浴びせ、明白にパノムルーンレックが10-9でラウンドを制した。

これは新チャンピオン誕生かという雰囲気だったが、最終回、パノムルーンレック攻めきれず、亀田のパンチがやや上回っていた。

しかし、明白な差はなく、逆にややパノムルーンレックが優勢であれば、1Rのことがあるので、12Rはパノムルーンレックにつけるところなのだが、逆に亀田に10-9と振った。

まあ、しかしこれは、先にも言ったように10-10でも良かったから、そうしておれば、結果は逆になっていたところだ。

ジャッジの採点は、115-113,113-116,115-114という2-1の採点も、疑惑と言うほどのものではなかったと思う。

亀田が苦戦した原因は、2Rにパノムルーンレックの強烈な左アッパーをアゴに受けてから、ムキになって接近戦をやったからだ。

接近戦は確かに亀田の方が上回っていたが、接近しようとするとポンサクレック譲りのパノムルーンレックの右ジャブ、右アッパーが飛んできて、しかも、足を止めての打ち合いも、亀田の鋭いが軽いパンチと違って重いドスンパンチが襲いかかってくる。

亀田興毅は完全に打ち負けていた。

だから、そんな時は、スピードがあるのだから、もっと距離を取って、出入りするボクシングをすればいいのだ。

私は、予想でも言ったように、打ち合って、負けそうだったら、ヒット・アンド・アウェーで足を使うものと思っていたのだが・・・

王者のプライドが、あくまで打ち合いを選んだのだな。

亀田は、リマッチするか、王座を返上して、スーパー・フライ級で出直すかだな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。