Skip to content
2013年5月6日 / misotukuri

WBAダブル世界戦結果、内山豪快5RKO,河野は残念判定負け

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、内山高志VSハイデル・パーラの一戦は、チャンピオンの内山が5R左ボディー一発でパーラをKOし、7度目のタイトル防衛に成功した。

私の予想は、内山の4RKOだったので、まずは当たりというところか。

しかし、思いの外、ハイデル・パーラはいい選手だった。

二人のジャブ合戦は、見ごたえがあったね。

WBCの三浦隆司なら絶対負けてるよ。スピードが違う。

内山と同時代だったということが不運としかいいようがない。

私好みのボクサーだった。

両者の差は、パンチ力が決定的に違ってたということかな?

ユリオルキス・ガンボアは、どうやら、ライト級転進を決めたようだし、もはや無敵だな。

全盛期のアセリノ・フレイタスとか、奥さんを殺して自殺したエドウィン・バレロとかと戦わせてみたくなる。

アセリノ・フレイタスには、テクニックが全然上だから、勝てると思う。

問題は、エドウィン・バレロだよ。

内山の理性をバレロの狂気が打ち砕くんじゃないかと思う。

そういう想像をすると楽しいね。

WBA世界スーパー・フライ級王座決定戦、河野公平VS暫定王者リボリオ・ソリスの一戦は、0-2のマジョリティ・デシジョンでソリスが勝ち、王座を統一した。

私の予想は、ソリスの判定勝ちというものだったので、結論的には、これも当てたね。

しかし、内容的には、外したも同然で、私の採点では、114-113の1ポイント差で河野の勝ちだったから。

河野は私が思ってたより遙かに強かった。

しかし、判定は妥当だろう。

8Rにダウンを奪い返されたのが痛かったし、11Rにロー・ブローで減点されたのも痛かった。

ソリスはちょっと、腰高で、力みすぎだね。

このあいだ佐藤洋太を7RTKOしたシーサケットとソリスなら面白い試合になるだろう。

ソリスは亀田大毅とやりたいらしいから、実現するかも。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。