Skip to content
2013年7月9日 / misotukuri

ずっと耳について離れない!

ある音楽が耳について離れなくて弱っている。

弱った魚は目を見りゃわかるというが、魚の目はあっても、魚の耳は見えないもんね。

何?

魚の耳はどこにあるだって?

そんなこと、さかなクンに聞けよ。

空の上には何がある?(ヒントは、ドレミファ・・・・)

・・・という風に他に気を紛らわせたら良いのだが、すぐにアイルビーバック(I’ll be back)自民党だよ。

だいぶ昔、パンシロンでパンパンパン、パンシロンでパンパンパン、パンシロンでパンパンパン・・・・という問題コマーシャルがあった。

渥美清だったっけ、かわいいちっちゃな女の子をおんぶしてさあ、歌ってるんだけど、こう言うんだ。

「この歌、終わらないね」だって。

確かに終わらないね。エンドレス。繰り返し。

http://www.youtube.com/watch?v=PzIiMdsC_VA

ちょっと、記憶と違うようで、別バージョンがあったのかも?

しかし、ホント、どーしてくれるんだよ!終わらねーじゃないか!だね。

人生幸朗じゃないが、「責任者、でてこーい!」だ。

http://www.youtube.com/watch?v=wcjgYardPUQ

懐かしいね。

ようわろうたもんや。

それはともかく、オレの音楽は、あれだ、この間見た、映画「恋はデジャ・ブ」に出てくるグラウンドホッグデーの会場で流れていた音楽。

チャチャッチャ、チャチャッチャ、チャッチャチャー、チャチャチャチャッチャチャー・・・・だ。

これが、三日三晩耳について離れない!

ある音楽が耳について離れない男の話では、これも昔、ジャン=リュック・ゴダールの映画で、何だったっけ、えーっと、たしか「小さな兵隊」か「気狂いピエロ」で、さえない小男が、女の手を取って、優しく手前からなでながら、歌うように「愛しているかーい?」と口説くのを独演する小話のシーンが記憶に残っている。

それにしても、まだ、終わらないね。

チャチャッチャ、チャチャッチャ、チャッチャチャー、チャチャチャチャッチャチャー・・・・が。

それほど気に病むタイプではないのだが・・・

時間だけでなく、この音楽のループからも、抜け出すのはなかなか難しいようだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。