Skip to content
2013年9月5日 / misotukuri

三重中三少女・強盗殺人死体遺棄事件を推理する-早くも迷宮入りの予感

去る8月25日深夜、三重県四日市市朝日町で起きた中三少女(寺輪博美さん15歳)強盗殺人死体遺棄事件だが、何か早くも迷宮入りの予感がしてきた。
報道を見ている限り、単純そうで、すぐにでも解決かと思っていたら、もう10日過ぎても、犯人が捕まらない。
今現在、怪しいのは、事件当夜11時ころ死体遺棄現場の空き地のある路地に入って行く白っぽい軽自動車を運転していた人間くらいで、それも不確実な状況だ。
ここは、やっぱり、迷探偵Jinchanの出番かなあ?
その迷探偵Jinchanが直感的に思ったのは、車で通りかかった顔見知りの若い男が少女を拾って家まで送る途中、レイプしてやろうと襲いかかったところ、少女が抵抗らしい抵抗もしないまま、あまりにも簡単に死んでしまったので、動転し、レイプはやめて、あわてて強盗とか、服を脱がしたり、下手くそな偽装工作したのではないかというものだった。
少女相手に、最初から強盗目的とは到底考えられんしね。
写真を見てもかわいい子だし、目立つ服装をしていた。
当夜のスーパーから死体遺棄現場までは、一本道で、その間の防犯カメラやスマホのメール発信時刻、また、ちょうどそのあたりの時間帯、自宅前で体操をしていた(雨の夜に!)人が歩いてくる少女を目撃しなかったという証言とかを考えると、その間に少女は犯人の車に乗ったと考えるしかない。
だが、少女は少し前に変な男に写真を撮らせてくれと迫られたことがあり、顔見知りでなければそうホイホイ車に乗ったとは思えない。
少女が誘われるまま車に乗ったとすれば、それは顔見知りで年齢が18歳から21歳くらいの年上の男の子と少女が感じられる独身の若い男か、あるいは近所の自分の知っている子のお父さんではないか。
あるいは、男とは限らず、少女がつきあっていた男の子のお母さんとかお姉さんとかいう可能性もある。(レイプされていなければだが)
白っぽい軽自動車が路地に入っていくのを見たと言う証言が別のドライバーによってなされているが、警察ではその人自身が容疑者となっていることもあり得る。
その人の車のタイヤ痕が現場にありはしないか調べて、無ければその証言は信頼性があるが、逆にもしあれば、それは・・・・・
脱がされた衣服には泥がほとんどついていなかったことから、恐らく、殺害は車の中で行い、少女の靴痕などは偽装工作だろう。
いずれにしても、おそらく、単純な事件と思うが、それがかえって難しい。
1ヶ月経ってまだ犯人を見つけられなければ、犯人が自首してこない限り、迷宮入りだろう。
まあ、三重県警だからね。それも大いにあり得る。
<追伸2013.9.15>
もうニュースに出てこなくなったが、容疑者は捕まったのだろうか?
その後,補完的に考えたことなのだが、
<死体の遺棄の仕方が乱暴であったという点>
死体の発見までに時間が掛かっているのは、確か、捜索願が出たのが事件から2日目だったからと思う。
それにしても、死体遺棄現場は、家人が駅から自宅まで歩いてみればすぐにわかりそうな所だったのに、何故か?という疑問はある。
死体は早くも腐乱していたらしい。
しかし、外傷は圧迫痕がある以外はほとんどなく、抵抗した痕もなく、きれいなものだった。
レイプされたかどうかは発表されていない。
犯人が死体を隠したり、身体の一部、指などを損壊したりする理由は、もちろん、事件の発覚を遅らせ、逃走の時間を稼ぐためだ。
ところが、この事件の犯人は、「死体発見を遅らせる工作」を全然していない。
まるで、早く発見して欲しいと言わんばかりだ。
これは何を意味するか?
犯人像をケースごとに考えると、次のどれかだろう。
 A. 無頓着だった・・・知能が低い変質者
 B. 十分逃げる時間があると判断した・・・行きずり
  C. 犯人とバレない自信があった・・・知能の高い変質者
  D. 早く発見して欲しかった・・・身近な人間
A+B、B+C、A+D、C+Dとかいう組み合わせも含めて、ストレートに考えれば、D.の身近な人間と思う。
彼女をよく知っている人間で、可哀想に早く発見されて弔って欲しいと思った者の犯行だろう。
<追伸2013.9.21>
もう事件から4週間近くなるが、まだなのか?
三重県警も焦っているだろうな。
ひょっとしたら目星くらいついているかもしれない。
オレはやっぱし、身近な人のアリバイを丹念に洗った方がいいと思うがな。
変質者とか行きずりとか考えていたら、迷宮入りだ。
まさか、あの人が!・・・ってなもんだよ。きっとね。
<2014.3.2 追伸>
三重・中3殺害、18歳少年を事情聴取、容疑が固まり次第、逮捕の方針とか。
少年の自宅の家宅捜索もしている。
冤罪でなければいいのだが。
<2014.3.3追伸>
 迷宮入りかと思った三重県四日市市中3少女殺害事の容疑者が逮捕されたようだ。
 現場近くに住む高3少年(18歳)とかで、強盗目的だったという。
 私の推理でかろうじて当たったのは、近くに住む人間ということだけ。
 しかし、冤罪かもしれないし、近所の目撃証言(見ていないと言うのを含む)は嘘だった可能性もある。
 この高3少年は、優しくて真面目で勉強も良く出来る子らしいが、早い段階で捜査線上で上がっていたように思う。
 というのも、何かでチラッと「どうしてあいつを調べないのか?」という書き込みがあったような気がするから。
 ただ、少女とは面識がなかったというらしいから、別人かも知れないが。
 中3の少女を強盗しても大してお金を持っているはずがない(奪ったのは確か¥6,000とか)ので、強盗目的ではないだろうと普通は思うが、高3少年ならありえるかもね。
 やはり、「犯罪動機説」より「犯罪機会説」が正しいことが証明されたような事件だ。
 何故やったのか?ではなく、誰にやるチャンスがあったか?だ。
 あくまで冤罪でなければの話だが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。