Skip to content
2013年9月11日 / misotukuri

宮崎・井岡共に二度目の防衛成功も・・・

 WBA世界ミニマム級タイトルマッチ、宮崎亮VSヘスス・シルベストレは、2-0のマジョリティ・デシジョンで2度目の防衛に成功した。
 (114-114、115-114、115-113)
 予想、またしても外したね。競ると思ったが、逆になった。
 私の予想は、2-1で、シルベストレにしていた。
 非常に微妙なラウンドが多かったが、負け惜しみで言うのではないが、私の採点では、逆に113-115で宮崎が負けていた。
 ラウンドごとの採点では、宮崎が採ったラウンドは、4,5,7,9,10で、シルベストレが取ったのはは、1,2,3,6,8,11,12。
 最終ラウンド、宮崎が取れていれば、114-114で引き分け防衛となるが、ボーナスでもなければ、宮崎にはつけられない。
 ジャッジが最終ラウンド、シルベストレにつけていれば、判定に文句はつけないつもりだが、さて、どうだろうか。
 ラウンドごとの詳しい採点がわかるのは、明日だろうと思うので、またその時点で検討してもいい。
 宮崎は、ミニマムはこれが最後だそうだが、当然だ。
 これ以上無理な減量をしたら身体を壊すよ。
 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、井岡一翔VSクワンタイ・シスモーゼンは、井岡の左フックのボディブローから、ダブルの左フックが顔面に決まり、7RKO勝ちでタイトルを防衛した。
 テンカウントは最近珍しい。
 これで、二度目のタイトル防衛。
 これはサイズの差だね。
 1Rからズーッと、井岡のフルマーク。
 ただし、クワンタイ・シスモーゼン、いいボクサーだと思う。
 しかし、やはり、ミニマム級だろう。
 予想は当たったが、当然の結果だった。
 井岡は、もうロマゴンとはしないのかな?
 現在のWBAのフライ級は、ファン・フランシスコ・エストラーダというスーパーチャンピオンがおり、彼はWBAライトフライ級のスーパーチャンピオンであるロマゴンに挑戦し、敗れたものの大いに名を上げ、当時のWBAフライ級のスーパーチャンピオン、ブライアン”ハワイアンパンチ”・ビロリアを負かして一気にスーパーチャンピオンになった。
 井岡にもエストラーダのガッツを期待したが、井岡は決して冒険はしない。
 ライトフライ級で幾ら防衛しても、ロマゴンとやらない限り、その栄光は色褪せる。
<追伸2013.9.12>
 文句をつけてやろうと思ってるのだが、宮崎VSシルベストレのスコアカードが出てこないね。
 しつこいけど、私はシルベストレが2ポイント差で勝っていたと思う。(115-113でシルベストレ)
 目の肥えたボクシングファンも多いと思うが、亀田の判定勝ちには文句を言っても、宮崎の判定勝ちには何にも言わないんだね。
 どーして?
 私は、地元有利の採点いわゆる地元判定というのは、ある程度は許されると思う。
 しかし、その場合は、「アウェイだったら負けてたね」とか、そっと言うべきだろう。
 ちょっとは恥を知れ。
 地元判定は、亀田や宮崎に限ったことでない。
 嫌いな選手の判定には八百長だと文句をつけ、好きな選手の地元判定には目をつぶる。
 これは公平でない。
 そんなことなら、最初から、ある程度の地元判定は必要悪だと認めればいい。
 そうすれば、微妙な判定の場合は、まあ、しかたがないなとあきらめもつくし、それでも納得できなければ、再戦を支持すればいい。
 ミニマム級での宮崎に限って言えば、減量の副作用が大きい。
 すなわち、パンチ力、耐久力、反射神経の低下だ。
 それなのに、両手をだらりと下げて、ガードがまるで出来ていない。
 接近戦でシルベストレのパンチを各ラウンドごと何度も貰っており、見栄えが悪いことこの上なかった。
 ノーガードならボディーワークで相手のパンチをよけろよと言いたい。
 よけられないなら、ノーガードはやめろ。
<追伸2013.9.13金>
 宮崎VSシルベストレの採点表がわかったので、転記し、私の採点を付け加えると、以下の通り。
計 A(114-114) ,B(115-113),C(115-114),J(113-115)
Cの採点は、おかしなところが多々あるので、A,Bの採点を中心にラウンドごと細かく見ていくと、
1R:A(9-10)、B(10-9)、C(9-10)、J(9-10)
・・・・9-10にしたのは、Sがイーブンより良かったため。イーブンならMに敬意を表して10-9とするのが普通。
2R:A(10-9)、B(10-9)、C(10-9)、J(9-10)
・・・・10-9にしたのは、1Rがイーブンに近く、Sのポイントにしたから逆にバランスを取った
3R:A(9-10)、B(9-10)、C(10-9)、J(9-10)
・・・・9-10にしたのは、はっきりSが良かったから。Cの採点は序盤をイーブンにしようという意図。
4R:A(9-10)、B(9-10)、C(9-10)、J(10-9)
・・・・9-10にしたのは、やはりSが良かったから。ジャッジ全員一致。Jの採点は序盤を2P差にしようという意図。
5R:A(10-9)、B(10-9)、C(9-10)、J(10-9)
・・・・10-9にしたのは、流れが変わって、はっきりMが良かったから。Cの採点は疑問。
6R:A(10-9)、B(10-9)、C(9-10)、J(9-10)
・・・・10-9にしたのは、ややMが良かったとみたから。C、Jの採点もある。
7R,:A(10-9)、B(10-9)、C(10-9)、J(10-9)
・・・・10-9にしたのは、はっきりMが良かったから。ジャッジ全員一致。
8R:A(10-9)、B(10-9)、C(9-10)、J(9-10)
・・・・10-9にしたのは、ややMが良かったとみたから。C、Jの採点もある。
9R:A(10-9)、B(10-9)、C(10-9)、J(10-9)
・・・・ 10-9にしたのは、はっきりMが良かったから。ジャッジ全員一致。
10R:A(9-10)、B(9-10)、C(10-9)、J(10-9)
・・・・9-10にしたのは、流れが変わって、ややSが良かったとみたから。C、Jの採点もある。
11R:A(9-10)、B(9-10)、C(9-10)、J(9-10)
・・・・9-10にしたのは、はっきりSが良かったから。ジャッジ全員一致。
12R:A(9-10)、B(9-10)、C(10-9)、J(9-10)
・・・・9-10にしたのは、はっきりSが良かったから。Cの採点はない。Sが勝ってしまうからだろう。
Aの採点114-114 は、まあまあ公平で妥当だろう。
Bの採点115-113は、まあそういうのもあるだろうという採点だ。
Cの採点115-114は、12Rが絶対に意図的で、完全におかしい。
Jの採点(私のだが)113-115も、まあそういうのもあるだろうという採点だ。
Jの採点はともかく、Cの採点は買収を疑う。
CがMに勝たせたのは、そうでもしないと、他のジャッジがSの勝ちにしているかもしれないと思い、何が何でも12RはMのポイントにつけざるを得なかったからだろう。
だから、この試合は、まあ、Mの勝ちという採点もあるかもしれないが、印象的には、Sの勝ちと見るのが正解だろう。
どうせ返上するのにそこまでして防衛にこだわったのは、何故?
マッチメーク権が絡んでいるのか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。