Skip to content
2013年9月17日 / misotukuri

映画「モンタナの風に吹かれて」のよくやる度

 映画「モンタナの風に吹かれて」(98年、米、ロバート・レッドフォード監督、ロバート・レッドフォード、クリステン・スコット・トーマス、スカーレット・ヨハンソン他)を見た。
 事故で片足を切り落とした少女と同じ事故で怪我した馬がモンタナの牧場でリハビリを受ける話なのだが、この馬の演技がスゴイ!
 でも、よく似た何頭もの馬が、一頭の馬を演じているだけなのかも。
 馬の演技も馬鹿に出来ないな! どの顔見ても見分けがつかないくらい長い(爆)
 同時に、馬と少女をリハビリに連れてきたキャリアウーマンの少女の母親とカリスマ・ホース・ウィスパラーのレッドフォードが淡い恋をするのだが、これもなかなかいい話だ。
 この映画、ロバート・レッドフォードがカッコ良すぎるから、まるでいかにもロバート・レッドフォードの為に作ったような映画だなと思った。
 あまりに甘すぎる甘すぎる、だよ。
 後で調べてみると、何と、製作監督もロバート・レッドフォードがやっているではないか!
 何だ、フーン、自作自演か!
 それなら、ちょっと手厳しくやったるぞと、俄然、ファイトが出てきたぜ。
 ロバート・レッドフォードさんよ、あんたお歳はいくつ?
 現在77歳で、この映画撮った時、あんた既に62歳だね、こりゃ、いくら何でも若作りもいいとこだよ。
 主役を張るとしたら、あんたより、少なくとも20から30歳は若い俳優でだろ。
 スカーレット・ヨハンソンちゃんが制作当時まだ13歳なんだからさあ、話からすればその母親と似た歳としても、せいぜい、35,6歳ってなもんでしょうが。
  「あげまん」で宮本信子がセーラー服を着て出てきた時以来の衝撃だよ。
 おらぁ、フントニ、びっくりこいただぁ!
 ちょっと、あんた、おしりでびっくりこかないで!く、くさいから。
 あまりにくさすぎるくさすぎる。
 でもまあ、ロバート・レッドフォードは、その前にも48歳当時「ナチュラル」で18歳から35歳を演じている前歴があるから若作りには自信があったのかも。
 これも当時いくら35歳でデビューした大リーガーがモデルとはいえ、48歳が演じるのは無理があると言われたものだ。
 懲りてなかったんだねぇー。
 若い二枚目の役は、もう若い人にお任せください。
 ところが、「モンタナの風に吹かれて」の後も、7本映画に出ているが、そのうち一つは明らかにかなりの若作り。
 まあ、ロバート・レッドフォードくんもよくやるよ。スゴイ。脱毛じゃなくて、脱帽だ。
 老化に耐えてよく頑張った。感心した!(古いか!)
 スカーレット・ヨハンソンちゃんに免じて、許せよ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。