Skip to content
2013年12月3日 / misotukuri

高山、和毅は完勝で初防衛、大毅は完敗で陥落っっと、アレッ?

まずは、IBFミニマム級世界タイトルマッチ、高山勝成VSビルヒリオ・シルバノの一戦。
高山のフルマーク完勝で、タイトル初防衛に成功した。
公式ジャッジの採点は、118-110が二人、120-108のフルマークが一人。
私の採点も120-108。
シルバノはやはりたいしたことなかったね。タフなだけだった。
高山の超絶スピード、華麗なフットワークは、最後まで止まることがなかった。
シルバノはまるでサンドバッグ状態。高山はシャドウボクシング。
しかし、ホント、これで高山にもう少しでいいからパンチ力があればと思うね。
とにかく、初防衛、おめでとう。
つぎは、WBO世界バンタム級タイトルマッチ、亀田和毅VSエマニュエル・ナイジャラ。
これも和毅のほぼフルマークで、初防衛に成功した。
117-111,118-110,119-109。私の採点でも、118-110で和毅の勝ち。
しかし、ナイジャラは動画で見た以上に良い選手だった。
点差ほどの差はなかった。
今回のこの結果は、海外での試合経験の差だろう。
興毅相手なら勝てたのにね。残念でした。
それにしても、和毅は前半飛ばしすぎたね。
見栄えのいいパンチを再三当てていたが、パンチ力がないのか、ナイジャラがタフなのか?
しかし、現代ではそれが大事なのかも知れない。
競馬で言えば、行ったきりの先行逃げ切り型が、12R制の世界戦の戦い方の主流なのだ。
さて、最後は、昨日、計量放棄で、ソリスのWBAのタイトルは剥奪されたが、亀田大毅には有効のWBA,IBF世界バンタム級王座統一戦、亀田大毅VSリボリオ・ソリス。
ソリス114-112×2、113-115大毅で、ソリスが2-1のスプリット・デシジョンで勝った。
私の採点でも、115-113でソリスの勝ち。
いやあ、やっぱり、ソリスは強いね。
まず、ソリスはふっくら、体重差で3kg以上あるので、上半身は大毅より一回り大きい感じだった。
これで大毅は体格的優位さを失ってしまった。
ソリスは、コンビネーション・ボクサーなのである程度まで接近して足を止めて闘うから、大毅はもっと離れて闘えばいいと思ったが、大毅が離れ(すぎ)るとソリスは、攻めてこないので、全然試合にならない。
大毅も、踏み込み鋭く打っては離れすればいいと思ったが、思った以上にソリスの懐が深く、得意のボディーブローが当たらない。
しかも、それを当てるために、しかたなく接近すると、思い切りが悪いから、待ち構えていたソリスのパンチが飛んできて、いつの間にか足を止めての打ち合いに巻き込まれてしまった。
これでは、一発一発狙って打つ大毅に勝ち目はないね。
悔しいけれど、危惧したとおり、体重超過のソリスに負けてしまったよ。
やっぱり、ソリスは確信犯だったね。
無理な減量で身体を壊した上にKOで負けでもしたら、ボクシングが出来なくなると思い、もう体重を落とすのは無理とわかった時点で、パッとコンディションを整えることに頭を切り換えたんだろうね。
エイドリアン・ブローナーやミゲール・アンヘル・ガルシアのように。
計量会場で荒れて見せたのは、臭いパフォーマンスだったのだろう。
だから、グローブ・ハンデをソリスに科せと言ったのだ。
もう、遅いな。
しかし、まあ、採点はこんなものだろう。
私の採点でも、1R、4Rをソリスにしなければ、逆に大毅の115-113になっていたところだ。
1Rは10-10でも良かったが、明らかに、大毅の10-9ではなかったのでソリスにつけたし、4Rも比較的大毅も良かったのだが、ややソリスがいいかな?と思う程度でソリスにつけた。
結果的に1R~6Rまでソリスのフルマークで、これはもう、ダウンでも奪わないと大毅の勝ちはないと思った。
中盤から後半にかけて盛り返したが、罰則的にソリスに不利な採点をしない限り、引き分けにもならない。
亀田びいきがいて、ソリスびいきがいて、中立がいて、そしてこの結果だから、採点はこんなものだ。
なかなか、現実はドラマのようには行かないね。
中立がドローの判定をすれば、三者三様のスプリット・ドローになって、疑惑の判定といわれながらもWBAだけ空位で丸く収まってたのにね。
これで、WBA,IBFの王座は共に空位になった。
まったく、想定外だ。
<追伸、同日>
なんか、IBFが大毅は王座を失っていないと発表したらしい。
これも、ハア??????
想定外の事態はまだまだ続きそうだ。
もう、こんなゴタゴタはやめようよ。
大毅に同情すべき点が多いとしても、何のために事前の取り決めをしたのか。
確信犯のソリスを甘く見たね。
<追伸2013.12.5>
高山勝成の中出トレーナーの公式ブログにこういう正論が出ていた。
なるほどね。
http://boxing.seesaa.net/article/381956007.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。