Skip to content
2013年12月10日 / misotukuri

逃げた亀田興毅は引退すべし

旅行から帰ってきて、久しぶりにボクシングのニュースをチェックしたら、驚いたよ。
亀田興毅WBA世界バンタム級王座返上、Sフライ級で四階級制覇に挑戦と出ているではないか。
このところボクシングの予想を外してばかりのJinchanだが、まさか、これほど予想がぴったしカンカン当たるなんて。
自分でも驚いたよ。
アホか、誰でも当たるわ。お見通しだ。
しかし、亀田興毅もここまで情けない腰抜けとは思わなかったな。
スーパーチャンピオンのアンセルモ・モレノとの統一戦、やっぱり逃げちゃいましたな。
これでは、アンチ・亀田ファンの言うとおりだな。
出来るだけ公平にと、時には亀田側の言い分を聞いてきたが、ほとほと愛想が尽きた。
モレノに負けても誰も恥とは思わないだろうに、どうしてやらないのかな?
ポンサクレックに負けたことがトラウマになっているのかもな。
ポンサクレック戦以降、本当に強い相手とは絶対にやろうとしないもんな。
孫正男とやるくらいなら、岩佐亮祐とやって欲しかった。
メジャー団体が4つの時代、お客が望むファイトをしなければ、王者としての尊敬は得られない。
WBC世界バンタム級王者の山中慎介が興毅の代わりにモレノとやりたいと言っているそうな。
今なら山中にもチャンスは大いにあるだろう。
興毅はリボリオ・ソリスの後釜を狙っているのだろうが、暫定王者デンカオセーン・カウイチットがいるので、これと王座決定戦をするつもりなのだろうな。
もう、興毅の試合は見たくないから、もしやるとしても、タイでやってくれ。
ソリスに負けてミソをつけた大毅と1-1のデンカオセーン(37歳)だが、タイでやれば強いだろう。
きっちり、興毅に引導を渡して欲しいな。
<追伸2013.12.20>
デンカオセーンvs河野公平で決まったそうな。
その勝者に挑戦か。
出来ることなら、河野公平とやって欲しい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。