Skip to content
2013年12月18日 / misotukuri

命が余ってお金が足りないのがいいか・・・・

私が死んだら私のお金は誰のモノになるの?
そんな心配はお金持ちのすること
どうせ、命が余ってお金が足りないか
それとも、
お金が余って命が足りないか、だよ
あたしゃ、
お金を使い切って死ぬのが一番いい
バカァ、そんなこたあ、
うまくいかの〇〇〇マだぁ
だいたい、てめえ、
幾ら貯め込んでるんだぁ?
そ、そんなこと、
特定秘密保護法で、教えられません
罰せられます
んなこたぁ、ねーだろ、バカこくでねぇー
国民の知る権利に配慮せなならんはず
だいたいやね、
そんな心配しなければならない
お金持ちの定義なんやけどね、そもそも
金融資産で、最低6億円ないと、お金持ち言わんそうやで
それ、どういう計算なん?
単純に全人口の何%とかいう統計的なものかもしれんが・・・
仮に年間平均税込み生活費を300万円とすると、・・・
ちょっとぉ、それ少なすぎやわ
そんなんでは、レクサス乗れへんで
いやまあ、仮によ、食費だけと思うてくれてもええんよ
平均年利が、0.5%で計算すると・・・
それ、高すぎ、高杉晋作やわ
いやまあ、大口定期預金の金利ばっかりではないしね
あくまで、仮にの話だよ
生活費300万円を年利0.5%で割ると、
6億円なんだよ、これが
一応、これを突破したら、
よほどのことがない限り減ることがないという
これが金融資産のテイクオフ(離陸)・ラインなんじゃないかと思うんだよね
6億円かあ
そういや、遺産が10億円あって、相続税対策に悩んでた人がいたな
金融資産はそれほどでもなかったんだろうけど
でっかいボルボに乗ってたな
オレなんか、ラクティスだもんな
今度は軽にしようと思ってたら、税金が1.5倍になるなんて
ホント、ビンボー人いじめだ
ま、それはともかく、
お金なんて、あってもなくても、悩み事にしたくないね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。