Skip to content
2013年12月27日 / misotukuri

詰め将棋に挑戦ー5手詰め150問全部解けました

去年から詰め将棋をやっていて、今日、昼過ぎ、最後の150問目、とうとう、解けた!
「脳トレ5手詰め」(北浜健介著)という図書館で借りた本。
いつからやり始めたか、覚えていないのだが、多分、去年の10月頃だったと思う。
1問から36問くらいまで解けて、ちょうど去年の暮れぐらいになった。
この調子ではとうてい、本の返却期限が来ても全問解けっこないので、どうしたものかと悩んだ末、全問写真に撮ることにした。
そして、本は返却し、撮った写真をノートPCのデスクトップにフォルダごとアップし、1問ずつファイルを開いては将棋盤に並べ、解けたら、ファイル名を問題番号に変更して保存し、次の問題に取りかかることにした。
その写真ファイルの撮影日時を見ると、奇しくもちょうど去年の今日、時間は19時過ぎになっている。
150問全て、解いた後で解答を見たが、間違えたのは1問、とうとう分からず長崎のSさん奈良のSさんのお二人に解いて貰ったのが1問あったのみで、あとは全問正解した。
37問目から150問目まで114問あり、それをちょうど365日で解いた訳だから、365÷114≒3の1問解くのに3日かかった計算になる。
5手詰め1問解くのに平均3日かかっている!
まあ、7手詰めを1分で解けたら初段というらしいので、私の実力も自ずと知れるが、最後の方はどれもこれも難しくて、1問解くのに2週間くらいかかったよ。
12月に入って、後、4問まで来たが先週までで、ようやく1問出来たのみ。
あーあ、こりゃ、越年だな、と思いつつ、148問目に取りかかったら、風呂に入る前だったのだが、エウレカ!何だかひらめくところがあって、一目でパッと解けた。
アレッ?今夜のオレは危険よ、かな?と思いつつ・・・149問目を並べると、これまた、一つ二つ試行錯誤している内に、ピピピピッっとひらめいたではないか。
駒を動かす手ももどかしく、差してみたら、オヤッ、・・・・つ、詰んでる!
時間にして2問で15分もかかっていない。
後、残すは150問目ただ一問。
オレもヤッパ、帳尻をきちんと合わすところなんざあ、しっかりしてるね。
もう、年内に出来そうだから、今夜は、風呂に入って寝ようと、将棋盤をしまったのが先週の土曜日かな?
ところが、すぐにでも出来そうだった150問目、なかなか手強かった。
今朝までで、初手を2通りまでに絞ったが、3手目がどうしてもひらめかない。
今朝はかみさんと買い物に出かけたのだが、買い物はかみさんにお任せし、私は車の中で頭の中に将棋盤を思い浮かべ、150問目を並べて、ああでもないこうでもないと考えていた。
そしたら、ちょっと詰みそうな手が浮かんで、初手はこれしかないとほぼ確信が持てた。
家に帰って、昼飯前に、今まで思いつかなかった3手目が浮かび、一応、詰んでいる形が出来た。
「ひょっとして、詰んだかも!」と言いながら、盤はそのままに、昼飯を食べ、その後、また買い物に出かけた。
今度は、頭の中で、将棋盤を思い浮かべるようなことはしなかったが、無意識に変化型の検討をしていた。
帰ってきて、すぐさま将棋盤に戻り、2手目、4手目の玉側の手を色々検討したが、どうやっても1手目、3手目は必然とわかり、今度は玉側4手目の手をどれにするのが詰め将棋として形がきれいかを考えた。
少し、考えて、答を決めた。
解答を見ると、正解だった。
大晦日までかかるかと思ったが、何とか、今日、終えることが出来た。
楽しかったなあ。
次は、7手詰めかな?
最後の問題の写真を載せておこう。
150rr

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。