Skip to content
2014年2月9日 / misotukuri

崩壊「脱原発」は都民の裏切り

 どうやら都知事選、舛添要一候補の当選確実がでたようですな。
 投票率も低かったし、脱原発も不発に終わったね。
 しかし、実際のところ、都民はいったい脱原発をどう考えてるのかな?
 徐々になくすなんて、本気で信じてるとしたら、度しがたいね。
 やっぱり、内心無理だと思ってるんだろうな。
 東京都が脱原発を本気でするなら、東電の原発以外の発電所を人員ごと買い取って、公営で発電事業をするしかないと思うがね。
 新幹線やリニア新幹線用の電力はできるだけJRの自前でやって貰うとかすれば、可能だと思う。
 こういうことって、誰か提言したかな?
 脱原発の具体策を何ら示せない脱原発派は、要するに本気じゃなかったのだろう。
 連合都連の会長が元東電OBで、いち早く舛添を支持したのも効いたね。
 都民は脱原発など最初からする気などまったくなかったのだ。
 私は元から原発は必要だと思っているが、発送電分離は必要と思うし、家庭用に原発は必要ないとも思う。
 だが電力を大量使用する重厚長大の産業用には別系統にして原発で必要な電力を供給すべきだ。
 このように用途によって供給元を選択できるようにすれば、都民も倫理的後ろめたさを味わうことなく済ませられるのに。
 まあ、残念な結果に終わったね。
 これで脱原発派は完全に息の根を止められたも同然だね。
 そして誰もいなくなったか?
<2014.2.12追伸>
 この記事に対し、Tさんからいただいたメールをコピペ。

≪都知事選挙前日の土曜日、関東では停電が相次ぎました。
 東電管内のの消費電力がキャパが発電量の97%まできていて、供給制限をおこなったようです。
 土曜日で工場がとまっていて、電車は軒並み運休。
 そんな条件でも、97%まできちゃってばかばか停電し始めたら、さすがにこりゃ電気足りないんだな、と思った人はおおかったっじゃないでしょうか。
 もちろんあの天気でソーラーも風力も全く役に立ちませんでしたから。≫
 
 これって、東電の陰謀では?
 地球温暖化の信仰が揺らぐような大雪+東京都知事選の投票前日という千載一遇のタイミングをヤツラが逃すはずがないでしょうが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。