Skip to content
2014年3月27日 / misotukuri

徳島市役所トイレットペーパー盗難事件を推理する

 徳島市役所のトイレットペーパーが2010~2012年で約900個盗難に遭ったそうだ。
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20140326-OYT8T00690.htm?cx_text=08&from=yoltop
 特に、1,2階の女子トイレの盗難がひどいとか。
 それが盗難か使用したのかは、芯のあるなしでわかる。
 つまり、市役所ではトイレに残されたトイレットペーパーの芯の数を数えているんだね。
 トイレごとの統計も取っているのだろう。
 スゴイわりには抜けている。
 私も大昔、ビル管理の仕事は担当者や管理職で10年以上したが、さすがにトイレットペーパーの数までは確認しなかったな。
 3年間で900個だから、年間300個くらい盗まれている。まあ、毎日1個だな。
 2013年度はまだ30個と言うから、減ってきたと喜んでいるようだが、やっぱり抜けている。
 あのね、犯人の気持ちになって考えてみれば、だんだん何となく見張られているような気がして、危険を感じてね、多分、家から使用済みのトイレットペーパーの芯を持って来てるんだよ。
 だからさあ、芯があるから盗難ではないと喜んでいてはいけない。
 そいつは、使い古しの腐った芯だ。
 1,2階の女子トイレに集中しているというから、これは多分、犯人は近所のおばさんだろう。
 毎日、トイレをしに芯を1本持って来て、新品のトイレットペーパーを1個と交換して持って帰る。
 下腹だけでなく、こんな淺知恵がすぐに出てくるのはおばさんしかいない。
 http://www.youtube.com/watch?v=vFwKIo6Esco
 だいたい、女性はバッグを持ってトイレに入るから、隠し持って出てもよほどのことがない限り、見とがめられない。
 女性でも職員ならバッグを持ってトイレに行くことはまずないだろうから、外部の人だろう。
 バッグに隠し持つにも、見とがめられたときの用心に1個が限度だろうし、また、毎日トイレットペーパーを1個盗むのに遠いところから通ってくるのも馬鹿らしいので、これは犯行可能性を考えても、近所の経済観念の発達したおばさんしか考えられない。
 たぶん、単独犯だろう。
 1,2階の女子トイレの入り口に監視カメラを用意し、バッグを持って毎日出入りする外部の女性をチェックすればすぐに犯人はわかると思う。
 だが、そこまでするか?だな。
 こんな事件を取り上げるなんて、迷探偵Jinchanも落ちたな。
 では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。