Skip to content
2014年7月12日 / misotukuri

徳島に巨大地震は近々来るのだろうか?

これは徳島在住の単なる私の感覚的な話なのだが、最近急に地震が増えたような気がして、地震情報を過去にさかのぼって調べてみた。
 http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/?sort=1&key=1&b=1
 簡単に検索クエリーできたらいいのだが、裸眼で追ったので、眼圧が上がったよ。
<2014年>
 7/11 03:17 県北部 M2.5-震度1
 7/08 21:33  〃   2.6-1
 6/29 04:07  〃   3.2-1
 6/25 13:37  〃   2.8-1
 6/24 20:34  〃   2.8-1
 4/03 00:38 県南部  3.6-2
 2/28 22:35  〃   3.3-1
<2013年>
 11/26 18:50 県北部  3.1-1
 10/12 07:36 県南部  3.7-2
 9/17 08:43 県北部  2.6-1
 8/11 05:48   〃   3.1-1
 6/24 11:49 県南部  2.9-1
 5/07 04:57   〃   2.5-1
 3/12 23:39   〃   3.2-2
 3/05 01:17 県北部  3.1-1
 2/04 09:06 県南部  2.9-1
<2012年>
 12/25 04:21   〃   2.9-1
 12/24 16:20 県北部  2.4-1
 3/10 07:35  〃   2.2-1
 1/24 18:34  〃   3.0-1
<2011年>
  7/01 05:30  〃   3.0-1
 1/16 20:33  〃   4.4-3
 以下は、気力が萎えて調べられないが、まずはこれで十分だろう。
 私の感覚では、徳島県北部がカバーできる範囲と思うので、徳島県北部に限って言えば、2011年から毎年2,3,4,5と確実に地震の回数は増加している。
 また、今年の2014年は今日(7/12)現在までの統計なので、どこまで増えるかわからないが、もうすでに去年の回数を超えており、ちょっと不気味ではある。
 震源域が徳島県北部ということは、だいたい、中央構造線に沿ったあたりと言えるから、これは巨大地震が来たとしても、南海トラフの南海地震タイプではなく、阪神・淡路大震災と同タイプの地震になると思う。
 巨大地震の前には、このような震度1~3くらいの地震が多発することが知られている。
 それも1年間にこんな回数ではなく、1日でそれ以上の回数の地震が起きる。
 平均して1~2時間に1回くらいと言ってよい。
 東北大震災(2011.3.11)の直前にどれくらい微弱地震が起きているか、先のリンクで確認されたい。
 阪神・淡路大震災(1995.1.17)の直前にも微弱地震が頻発したことを北淡町の避難民から直接聞かされたことがある。
「 半年くらい前から遠くで小さくドーンというような音がするような地震が何遍もあって、そのうちまたかと思うようになっていたら、ドカッと来た」と。
先のリンクは、2004年までしかたどれないので、阪神・淡路大震災の話は確認できていない。
 しかし、いずれにしても、いよいよ近いのかなとは思うが、同じパターンをたどるとは限らないので、責任は持てないが、心構えだけはしておいた方が良いだろう。
 では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。