Skip to content
2014年8月29日 / misotukuri

広島土砂災害-昔の名前は消しました「蛇落地悪谷」

先日、広島土砂災害で被害を受けた広島市安佐南区八木地区だが、この辺りは昔は「八木蛇落地悪谷(やぎじゃらくじあしだに)」と言われていたとか。
それが「八木上楽地芦谷(やぎじょうらくじあしや)」と改名され、さらに「上楽地芦谷」の部分が長すぎるからか、カットされ、現在の「八木」となったそうだ。
これを悪者探しで、そこらを開発した宅地開発業者がやったとか、それとつるんでいた時の行政がやったことだとか、言うのは簡単だが、こういう縁起の悪い地名を縁起のいい地名に改名するのはよくあること。
それをいけないと言ったら、自分の子供の名前をつけるときなんてどうなんだよ。
まあ、土地を買うときに事前によく調べることだな。
しかし、あまりに良すぎる名前の場合、たいていこれは逆だろうとかえって警戒するが、今回の場合のように省略された場合は、絶対わからんね。
昔の通称など、今の倫理基準では人権侵害になる恐れがある表現も多く、ネットで調べてもまず本当のことはわからない。
やっぱり、住む所というのは、大事だから、事前に風水からなんやかやといろいろ調べなきゃ。
とはいうものの、自分のことを振り返ってみれば、山奥の崖の上の一軒家に生まれて以来、結婚してからも河口の堤防下にまで、何度となく住所を変えたが、正直、防災のことまで考える余裕はなかったね。
ただし、リスクは常に念頭にあった。
今回、被害に遭われた人たちも、せいぜい経済的な理由だけで、防災のことはあまり考えていなかったのではないかな?
我々もこれまでただ運が良かっただけなんだろうが、他山の石としたい。
広島市長も、今回の対応のマズさでだいぶ叩かれているが、キャリア官僚上がりのエリートというのはあんなものだよ。
「よきにはからえ殿下」で、市民がいくら土砂災害で生き埋めになって死のうしていようと、自分の睡眠や朝飯の方が大事だったんだろう。
こういう組織のトップの下では、たとえ尻尾を振ってまとわりつく腰巾着でも、忠誠心は持てないとしたものだ。
徳島県でも、今回の大雨と続いてやってきた直撃台風で那賀川が増水し、阿南市加茂谷中学校など避難場所に指定されていた所だったが、何と2階まで水に浸かった。
3階に避難していた付近の住民もヒヤヒヤしたことと思う。
しかし、この周辺の住民はもちろんのこと、徳島県下で死者は北の吉野川水系で県外から来た人がたった一人死んだだけ。
土砂崩れも県下何カ所も起きて、孤立した地区もあったんだよ。
災害の被害額も大きかったが、それでも、どうやら激甚災害の指定はされなかったようだ。
これはいったいどういうことかな?
しっかり防災対策が出来ているところは、被害が出ても自前で何とかやりなさい、防災対策が全然出来ていなくて人的被害がたくさん出たところは、国が面倒を見てあげましょう。
ちょっと、おかしくはないですか?
防災は市町村の責任だが、国や行政が出来ることには限りがある。
だから、自分の身の安全は自分で守るというのが基本中の基本。
時には今回のように行政の消防力を超えた災害が起きることもあるわけで、それを前もって想定せよと批判されても、結局、税金や公共料金の負担増となって跳ね返るわけで、困るのは結局自分たちだということを理解しなければならない。
災害が起きるたびに、悪者探しもいいけれど、そもそもそれで良いという選択をした自分たちが悪いのだ。
あんな市長を選んだ市民が悪いということだ。
だが、それがわからない人が多すぎる。
では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。