Skip to content
2014年12月22日 / misotukuri

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」終わった

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」もとうとう終わった。
 その前の「八重の桜」より平均視聴率がよかったようで、これはどういうことかなとも思う。
 やっぱり、戊辰戦争に敗れた怨念みたいなのが基底にあるのより、華々しいのがいいのかな?
 天下を狙って一発勝負やってみたけど、運悪く、うまく行かなかった。
 ま、世の中、そういうもんだな。
 ・・・という、あっけらかんさが、「軍師官兵衛」にはある。
 家康が長政の右手を取って「お主のおかげじゃ」と礼を述べたと感激の面持ちで報告する長政に、「お前なあ、その時左手は何してたんだ?」と聞いて立ち去る官兵衛。
 怪訝な顔の長政らに官兵衛の心中を推し量って忠臣が言う。
 「その遊んでいる左手で家康を刺し殺せば、天下は大殿のものになったかもしれないのに、ということですよ」と。
 恨みがましいことはただそれだけ。
 個人的には、歴代の戦国時代をテーマにしたNHK大河ドラマの中でも出色の出来だったと思う。
 しかし、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、斎藤道三、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、毛利元就、山内一豊、そして黒田如水と、もういいかげんネタは尽きたね。
 伊達政宗、山内一豊はともかく、他は軍略家として皆、超一流で、徳川家康が最終的に覇者になったとは言え、時と場所とスタートが違っただけで能力的には皆同等だったと思う。
 彼らを主人公にしたドラマでもう一度見てみたいのは、黒田如水の他には、毛利元就かな?
 黒田官兵衛(如水)は、20歳くらいの頃、坂口安吾の「二流の人」で知り、すっかりファンになってしまった人物。
 坂口安吾という人はやはりスゴイ人だね。  黒田官兵衛の本質を見抜いていたと思う。
 だが、今回の「軍師官兵衛」(前川洋一)の脚本も、よく出来ていたと思う。
 秀吉が天下人になった後、官兵衛は普通なら「狡兎死して走狗煮らる」の故事のごとく、あらぬ謀反を疑われ死罪に処せられるところ、如水と号して隠居することで難を逃れたわけだが、これはやはり秀吉としては本当は官兵衛を切るべきだったと思う。
 ただし、まだ徳川家康というライバルが健在で、呆けかけた秀吉とは言え、官兵衛がまだまだ必要なことぐらいよくわかっていたのだろう。
 ドラマで描くように、北の政所おねが官兵衛の子長政をわが子同然に育てたことが、歴史の流れを大きく方向付けたと私も思う。
 仮に、タイムマシンでターミネーターが戦国時代に戻って、人質時代の長政を信長の命令どおり殺したとしたら、官兵衛がその後も秀吉に忠節を尽くしたとしても、天下人になって数年後にはいつかの時点で秀吉に殺されていただろうし、長政のいない関ヶ原も一日で終わることなく、家康も西日本を全て征服するのに時間がかかったと思う。
 ひょっとしたら、石田はいずれ失脚したとしても、島津・毛利に担がれた豊臣秀頼が天下を治めたかもしれない。
 多分、島津・毛利の薩長連合が300年早く出来ていたと思う。
 鎖国もなく、キリシタン弾圧もなく、もう一つの明治維新が17世紀には起きていたかも知れないね。
 まあ、いろいろ見所の多い大河ドラマだった。
 では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。