Skip to content
2015年5月18日 / misotukuri

大阪都構想住民投票否決-大阪にしか出来ないことだったのに

  大阪都構想の住民投票、小差とは言え、否決され、廃案となった。
 橋下市長は政界引退の意向表明をした。
 橋下市長はともかく、大阪都構想は惜しいことをした。
 全国で大阪だけにしか出来ないことだったのにね。
 大阪人のど根性を見せて欲しかった。
 第三者の目には、都構想の個々のデメリットをあげつらうより、基本的な枠組みだけを考えれば、二重行政を一本化することの方が合理的で、その他のことはボチボチ改善していけばいいだけのことなのだが。
 大阪都構想がダメなら、そのモデルである東京都のしくみもダメということだが、誰もそういうことは言わない。
  区の数などくだらないことは、まずは都になってから変えれば良かったのに。
 それがいわゆる激変緩和措置というものだ。
 橋下市長の手法もつたなかったのかもしれないが、やっぱり、革命や改革は多数決では出来ないものなのだな、と思う。
  それは歴史を見れば当たり前のことだが、それを目の当たりにする機会を持てたこと自体は、若い人も政治のいい勉強になったのではないかと思う。
  自ら変わる勇気を持たない者に未来はないといくら言っったって、わかろうとしない人々を説得するのは難しい。
  実に、人民というのは、民主主義の国においてもお飾りの主権者で、所詮は羊牧場の羊の群れなのだ。
 今回の住民投票の詳細の分析はいずれなされるだろうが、若い人ほど大阪都構想に賛成が多かったようだ。
 失うものが少ないほど人間は変化を恐れず、それに立ち向かうことが出来るという証左か。
 今回のことでは、市と府が合併して、職を失う者、権力や利権や必要以上に受けていた公共サービスを失う者、それらが如何に多かったかということだ。
 ただそれだけだろう。
  今度、同窓会で大阪のHさんらに会ったら、実情を聞いてみようと思う。
 では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。