Skip to content
2016年3月15日 / misotukuri

民進党?民退党の間違いでは?

 民主党と維新とが合併した後の新党名が決められず、支持者にアンケートを取ったら、民主党が望む「立憲民主党」よりも「民進党」の方が多かったので、「民進党」にするとか。
 民主党を揶揄するわけでないが、こんなことすること自体、政党の体を成していないね。
 政党って、政治的主義や主張、要するに志を同じくする者という”同志”が徒党を組むもの。
 名前は、設立の趣旨を熟知しているメンバーが決めればいい。
 そこに集う一般党員や支持者に決めてもらうものではない。
 自分らで決められないから、支持してくれている(だろう)人たちの多数決で決めるなんてのは、民主主義でも何でもない。
 自分の党名さえ自分で決められない連中に政権運営が出来るのか?
 そもそも、なぜ、民主党が名前を捨ててまで維新と合併しなければならないのか?
 政治理念の話ではないよな。
 まあ、結婚だって、両性の合意があればいいわけで、合意に至った理由(理念)は問われないからね。
 聞くのが野暮というものか。
 それにしても、「立憲民主党」ならまだしも、「民進党」とは!
 何というイメージばっかりのゆるいネーミング。
 特に「進」の意味が不明だ。
 進行って、どこへ行くの?前か後か左か右か?
 進歩って、労働組合に依存してて、どこが進歩?
 進化って、尻尾が切れないから、退化じゃないの?
 他に「進」のつく言葉が思い浮かばないが、ああ、小泉「進」次郎ってのがあったな。
  関係ないか!
 では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。