Skip to content
2016年3月28日 / misotukuri

白鵬バッシングこそ見苦しい

白鵬がバッシングを受けている。
例えば、千秋楽の日馬富士戦で、立ち会い変化したこと。
例えば、嘉風戦などのダメ押し。
これって、むしろ、ガチンコだからじゃない?
ボクシングでも、ダウンした相手を殴ったら反則で、悪質な場合は反則負けになるが、流れで止まらないことがよくある。
格闘技の選手というのは、対戦している時は、アドレナリン全開、キラー・インスティンクト(殺戮本能)全開なわけで、ガチンコであればあるほど、止まらないものだ。
だから、その最たるスポーツであるボクシングは、レフェリーが唯一試合を止める権限を持っていて、続行が危ない時には試合を止めるのだ。
もちろん、全盛期のモハメド・アリのように、一発決めると、もう相手は立って来られないのがわかっているかのように、追い打ちはかけないスタイルだった選手もいる。
まあ、それはある程度、実力差が大きい場合の殺戮の美学だね。
それで、大相撲は、プロボクシングのようにガチンコのスポーツなのか、それともプロレスみたいな八百長ショーなのか?
私の見るところでは、大相撲はガチンコを装った八百長ショーだと思う。
だからこそ、本当に、ガチンコや八百長をしたら、批判されるのだ。
格闘技では実力差がかなり開いてないと美しくは戦えない。
白鵬が、立ち会いで変化したり、カッとなってダメ押ししたりするのは、もう全盛期を過ぎて、実力差がなくなってきているからだ。
白鵬には横綱相撲という美しい勝ち方をするのはもう難しくなってきている。
ある意味、勝てばいいような相撲は、ガチンコをやっているからだ。
それがいけないというのは、どういうことか?
ガチンコを装った八百長ショーであることを良く理解して美しい横綱相撲が取れなくなったら、もう引退しなさいということか?
そういえば、朝青龍もそこんところがどうしてもわからず、角界から追放されたんだっけ。
美しい横綱相撲の典型は、2001年5月夏場所千秋楽の優勝決定戦、貴乃花VS武蔵丸戦だ。
前日、亜脱臼で全治2ヶ月、歩くこともままならないガチンコ相撲の貴乃花に本割りでは勝って星を並べた武蔵丸だったが、優勝決定戦では見事に貴乃花に負けてやった。
「感動した!痛みに耐えてよく頑張った」という小泉総理の名言が飛び出し、「国民よ、痛みに耐えて頑張れ」というご自分の構造改革路線と重ね合わせるあざといまでのテクニックに、みんなが陶然となったものだ。
武蔵丸の本音は、「だって、(みんなが奇跡を待っているあんな状況じゃあ)勝てないでしょう」だろう。
これに対し、「武蔵丸は勝負の厳しさを見せつけるべきだった」と言い、それが出来なかったのは武蔵丸の精神的弱さの現れだと断じる考え方も、正しいと思う。
だが、世の中は、当時、小泉劇場に浮かれており、痛みに耐えられず自殺する現実よりも痛みに耐えて頑張る幻想を求めた。
では、武蔵丸は八百長をしたのか?
そうではない。
横綱として、観客の期待に応える美しい大相撲を守っただけだ。
白鵬バッシングは、勝負の道を究めようとしている白鵬に対する侮辱だ。
調子が悪くても、力が衰えても、それなりに何とか勝とうとしている白鵬に、美しい横綱相撲が取れないなら辞めろと言っているようなものだから。
白鵬をバッシングするより、白鵬が何処まで行くか見とどけてやりたいものだ。
相撲がオリンピック競技になれば、大相撲も少しは変わってくると思うのだが・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。