Skip to content
2016年8月2日 / misotukuri

都知事選の戦後処理は無党派層に聞け

小池百合子が都知事選で圧勝したことから、その戦後処理で与野党共に苦慮している。
問題解決能力抜群の迷探偵Jinchanが、正しい戦後処理のやり方を考えてみた。
まず、小池が勝ったのは、英国のEU離脱国民投票と同じく、民意の表れだということを深く受け止める必要がある。
小池が事実上敵としたのは、傀儡候補増田を推す自民党東京都連執行部だったということを考えると、戦後処理をどうすべきか、誰が考えても同じ結論にたどり着くだろう。
そもそも何で都連は小池じゃなく増田をあえて推したのか?
それは小池が都連の執行部を批判したからだろ!それが引き金になった。
自民党総本部は、小池だろうと増田だろうとどうでも良かったが、都連が増田を推したから都連を応援したまでだとして、どうするかは都連次第だが、都民の声を聞いた方がいいんじゃないかとやんわり突っぱねればいい。
そうすると、だいたい戦争して負けた方が勝った方を処罰するなんてことはあり得ないわけだから、都連は、執行部が総退陣して、負けた責任を取り、新執行部を選出すればいい。
東京都民ならずとも全国の無党派層は自民党総本部や東京都連がどうするか注目してると思うよ。
その結果次第では、自民党は無党派層の支持を一挙に失いかねず、結果的に安倍首相の支持率も低下するかもしれないが、果たしてそれでいいのかな?
ま、石原伸晃は都連会長を辞するのは当然だが、都議会の闇のドン内田茂はもういいだろ、因果を含めて引退だな。
ところが、小池新知事の初登庁で自民党議員が出迎えたのはわずか二人だけだったというから、ダメだね、こりゃ。
選挙の結果というのは民意だからね、彼らにはまだそれがわかってないと言うことだろう。

次に民進党だ。民進党の都連は出来るだけのことはしたと思う。
負けたのはひとえに鳥越俊太郎個人の責任だろう。
それにしても、鳥越俊太郎ってのは、敵が多いんだねえ。
週刊文春よりも次に出た週刊新潮によるダメージが大きかったと思う。
だから、ここは身体検査もせずそんな鳥越に飛びついた民進党総本部の責任を問題にすべきだろう。
まず、親分の岡田代表が投票日前日に9月の代表戦には出ないなどと言って、敵前逃亡したので、これを銃殺に出来るかどうかはひとえに民進党員自身にかかっているが、まず無理だろうな。
責任を負うべき執行部の枝野幸男幹事長が、代表選に色気ムンムンという有様では、やっぱり、お前ら何考えてんのだろうなとあきれるしかない。
次期民進党代表は、過去の失言を潔く認識不足だったと謝罪すれば、蓮舫で決まりだろう。
小池よりわかいし、きれいし、台湾系で台湾との結びつきが増えるのは間違いない。
蓮舫でなければ、細野豪志か。
長島昭久も出馬するらしいが、国民的人気がないので、彼では民主党の顔作りで難しいだろう。
とにかく、世代交代しなければ、民進党に期待は集まらないだろう。
民共協力は共産党は議席を伸ばしたが民進党は大きく減らしたということからも民進党にとって何の益もないことだった。
民進党は、健全野党を目指すつもりなら、共産党と選挙協力するより合併したらどうか。
あくまで政権与党を目指すつもりなら、魅力的な対案を考えろと思う。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。