Skip to content
2016年12月6日 / misotukuri

TV「入力信号がありません」と、PC「”ローカルエリア接続”には有効なIP構成がありません」にまいった(解決編)

 昨夜はTVを見ようとしたら、「入力信号がありません」というメッセージボックスが現れ、これがどうやっても消えない。
 入力信号がないと言っても、真っ黒で何も見られないっていうのではなく、現にCATVも地デジも見えてるんだから、入力信号はあるのだ。
 ただ、メッセージボックスが消えないで残っているってだけ。
 ところが、これがTVの取説見てもよくわからない。
 いよいよ困って、ネットでそんなことないか調べてみた。
 そしたら、あるんだねーこれが。
 だが、結局は原因不明。
 こうやったら、直るかもしれないっていう羅列ばかり。
 仕方がないので、片っ端からやってみることにした。
 真っ先にやってみようと思ったのは、B-CASなんかと一緒にTVの側面についている主電源のON/OFF。
 そんなところにそんなものがあるなんて、「しらなかったのゆるしてね」だ。
 実は、以前、TVを見ていたら、1歳半の孫がその主電源をOFFにしてパチンと消してしまったことがあり、それで初めて知ったのだ。
 そう言えばこの間、またあそこをいじってたなと思い当たった。
 で、その主電源をOFFにしてすぐにONにしたら、何と何と、直っちゃった。
 あーあ、よかった、と思ってたら、今日のこと。
 今度は、かみさんのデスクトップ・パソコンがインターネットにつながらなくなった。
 さっそく、我が家で唯一のパソコンの専門家である私が、どれどれとみてみると、「ネットワークと共有センター」のところで、「”ローカルエリア接続”には有効なIP構成がありません」というメッセージが出ているではないか。
 これがまたとてつもなく原因不明で、よくわからない。
 LANケーブルの問題か、ルーターの問題か、LANポートの問題か、ネットアダプターの問題か・・・
 一つずつつぶしていくしかない。
 で、簡単にわかるところから、調べて行ったが、どれも正常。
 ローカルエリア接続をいったん無効にし、すぐに有効にしてもダメ。
 ほとほと困り果て、最後の手段で、コントロール・パネル→デバイス・マネージャー→ネットアダプターと入って、ネットワーク・ドライバーを削除した。
 そして、再起動すると、なんと直っていた。
 IPアドレスが取れない時にACアダプターの抜き差しで直るのと似た感じかな?
 問題は、なんでこうなったのか?ということだ。
 だが、パソコンではそういう原因究明をしていたらとてつもなく時間ばかりかかって、結局、よくわからないってことになるのは、経験的にわかっている。
 OS関係なら、再クリーン・インストールしたら簡単に解決することが多い。
 ところが、Windows10は、無償バージョン・アップで手に入れたから、ディスクがないときた。
 さらに、自作PCでは、Windows10にしたら、DVD/CDを認識しなくなったりして、だんだん、素人の手に負えなくなってきた。
 デバイス・ドライバーにしても、Windows10対応のは、ネットで手に入れるしかないから、ネットに接続できなくなると、それもダメ。
 私も正常に動いている他のPCなしでは、トラブルが起きた時、自分で直すなんてことは到底無理。
 ネットするぐらいしか使わないのに、そんなに高度なOSが必要なのか疑問だ。
 動かないDVDの問題は残っているが、今のところノートPCのは動くので、Windows10対応の内蔵用DVDを買うのは保留している。
 では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。